育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛・薄毛・育毛剤…髪の毛の徹底研究サイト

早くて5年で実現か 毛が生える「17型コラーゲン」治療法

毛根(イメージ)

もっとも多くの日本人を苦しませる「不治の病」。それはがんでも認知症でもない。ハゲである。1300万人ともいわれる薄毛男性の頭に“光が差す”ニュースだ。

日本を代表する薄毛タレントである東国原英夫氏(58)が息を弾ませる。

「ハゲ歴30年、すべての治療法をやり尽くした結果がこれです。STAP細胞が出たときは胸が高まったけど、結局は落胆に終わった。しかしいま、僕は生きる希望が出てきました」

東国原氏に大きな希望を抱かせる研究結果を発表したのは、東京医科歯科大学の研究チーム。長年、謎とされてきた「脱毛」のメカニズムを解き明かし、研究成果が米科学誌『サイエンス』に掲載されたのだ。

そのカギを握るのは、タンパク質の一種である「17型コラーゲン」である。

通常、人間の毛髪は4~6年で寿命を迎えて抜け落ちる。この時、毛穴の奥の「毛包」という器官にある「毛包幹細胞」が分裂を繰り返し、新しい毛髪となる。ところが加齢による老化で毛包幹細胞の周囲にある「17型コラーゲン」が減少すると、髪の毛の元になる毛包幹細胞が維持できなくなり、新しい毛を作れなくなってしまうのだ。

この一連の流れが薄毛・脱毛につながることを研究チームは突き止めた。つまり、「17型コラーゲン」の枯渇を抑えられれば、毛髪の再生システムを維持することが可能になり、薄毛・脱毛を防げるのである。

実際、実験で「17型コラーゲン」が失われないように遺伝子操作した2歳のマウスは、通常のマウスに比べ、1ミリ四方辺りの毛穴の数が1.4倍も多かった。人間の頭皮でも50~70代の毛包は20~30代に比べて縮小しており、「17型コラーゲン」の量も少なかったという。

プランテルEX

◆すべてのハゲが治る夢の時代に?

薄毛治療を行なう親和クリニックの音田正光・総院長も興奮を隠さない。

「世の中には様々な育毛剤がありますが、科学的エビデンスが少ないのです。治療効果が認められているのは、『リアップ(塗り薬)』と『プロペシア(飲み薬)』のみ。リアップは発毛を促進して脱毛の進行を抑え、プロペシアは男性ホルモンの作用を抑えることで抜け毛を抑える。ともに毛髪の現状を維持するための対症療法であり、失われた毛髪を再生することは難しい。しかし、今回の17型コラーゲンによる治療法が確立すれば、理論上は永続的な発毛が可能になり、すでに薄毛である人の毛髪を甦らせる可能性が見えてきます」

まさに夢の薬である。

研究チームは「脱毛を防ぐ治療薬を5~10年で開発したい」と意気込む。早ければ5年で、すべてのハゲが治る夢の時代が訪れるかもしれないのだ。

薄毛に悩む50代男性が目を輝かせる。

「40代で髪が薄くなってから、老けて見られるようになりました。多くの育毛剤を試したけど効果はなく、話し相手の目線が常に気になります。妻や娘からも『みっともない』と言われ威厳がないけど、いまさらカツラに挑戦する勇気もない。コンプレックスに苦しむ毎日ですが、今回の発表でわずかな光が見えました」

男性美容研究家で薄毛対策に詳しい藤村岳氏も多様なメリットを指摘する。

「頭髪のことで真剣に悩んでいるが、デリケートな問題なので周囲に相談できないという男性は多い。しかもこれまでの薄毛治療用の内服薬は男性ホルモンに作用し、性欲低下や勃起障害を引き起こす可能性もあったが、コラーゲンはタンパク質の一種なので副作用の心配も少ない。塗り薬や注射でコラーゲンを増やせば、内服薬に頼らなくてよくなる可能性も出てくる」

より安心できる治療法ならば、さらなる朗報だ。

東国原氏がこれまでの苦難を振り返る。

「『どげんかせんといかん』と今まで涙ぐましい努力を続けました。10数年前には女性ホルモンを増やす薬を飲んだ結果、男性機能が衰えてなよなよしてきたんです。さらに乳首が痛くなってふくらんで、内側にしこりができました。頭皮を刺激する専用ブラシで頭部を叩き続けて血だらけになり、かさぶたができて毛が生えなくなったことも。怪しげな器具で失敗したことや薬の副作用に苦しんだことも多々ある」

薄毛は精神的な負担が大きい上、根本的な治療法がないため、患者は一縷の望みを求めて怪しいクスリや器具に手を染めやすい。そうした暗黒時代が終わりを告げようとしているのか。

しかし一方、世の中からハゲが消えることに寂しさを感じている人もいる。

過去に編み込み式増毛法をカミングアウトした漫画家のやくみつる氏が反骨の声をあげる。

「僕はファッションとして増毛を楽しんでいるだけ。新しい治療法で誰もがボサボサになるなんて、個性がなくて不自然です。ハゲのメカニズムはそのままでいい。宿命に抗う必要はないんです」

意外にも薄毛を気にしている教育評論家の尾木直樹氏も「薄毛愛」を明かす。

「自分自身の毛髪ケアは毎日欠かしていませんが、世の中にはピカッとした輝きが似合う男性も多い。高橋克実さんがフサフサだったらおかしいもの。ハゲが似合う人はハゲのままでいいじゃない」

この治療法が確立されれば、「あえてハゲたままが個性」の時代がやってくる。

※週刊ポスト2016年2月26日号