育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛・薄毛・育毛剤…髪の毛の徹底研究サイト

記者が実体験!飛行機での旅行に育毛剤を持って行ってみた

短期の国内旅行や出張などで飛行機を利用する際に、少ない荷物ならば預けずに機内に持ち込みたいもの。しかし、機内に液体物である「育毛剤」を手荷物として持ち込むことはできるのだろうか? 記者Eが実際に国内線の機内に、愛用している「チャップアップ育毛ローション」を持ち込めるか試してみた。

記者が実体験!飛行機での旅行に育毛剤を持って行ってみた

チャップアップ

国内線と国際線のルールは違う!?

先日、羽田空港から伊丹空港まで移動することになった。1泊2日の小旅行なので、荷物をカウンターで預けずに手荷物として機内に持ち込もうと考えていたが、ここで一つの疑問が生まれた。

育毛剤って機内に持ち込めるの? 普段から使っている育毛剤、「チャップアップ」は液体だから、もしかすると機内への持ち込みはアウトかもしれない…(汗)。

ちなみに国際線は液体物に厳しく、検査ゲートに入る前に購入した飲料を持ち込むことができない。成田国際空港のホームページにも、液体物を機内に持ち込む場合は、「100ml以下の容器に入れ、縦横の辺の合計が40cm以内、容量1リットル以下の透明な再封可能なプラスチック袋(ジップロックなど)に入れなくてはいけない」と記載されている。

ビニールと容器

機内に持ち込むには袋に入れるべき?

飲みかけの飲料でも持ち込み可能!?育毛剤は…

しかし、可能ならば別の容器には移さずに、そのまま「チャップアップ」のボトルを持ち込みたい。だけど荷物を預けたくない…。飛行機から降りた後、いつ自分のカバンが出てくるか分からない、あの時間が嫌いだ。できれば受け取りの手間を省きたい!

記者は国内線も国際線のルールと同じで液体物は袋に密封された状態でないと持ち込めないと思っていたが、調べてみると国内線の飛行機に搭乗する場合、国際線ほどルールは厳しくないようだ。

なんと、ボトルのふたを開けた"飲みかけ"の状態の飲料などの持ち込みも可能だという。しかし、果たして育毛剤はどうだろうか? 国際線ほど厳しくないのであれば、意外と大丈夫なのかも。あー、でもやっぱり不安だ。没収なんかされたくはないし…。

いちかばちかで手荷物検査にチャレンジ!

120mlの容器に入った「チャップアップ」を機内に持ち込み可能かどうか、手荷物検査を受ける前にビビりながら空港の係員に聞いてみると「申し訳ないのですが、はっきりと"大丈夫"とは言えません」との回答が返ってきた。

念のため、チェックインの際に搭乗する航空会社、全日本空輸(ANA)のスタッフにも聞いてみたが「液体検査をしてみないことには分かりません」との答えだった。おそらく、育毛剤の成分がはっきりと分からないため、明確な答えが返せないようだ。

もう、これはいちかばちかでいくっきゃない! ドキドキしながら検査ゲートの列に並んだ。どうか無事に通れますように、没収されませんように…。

液体の入った容器は危険物かどうか、空港の保安検査場で特殊な機械にかけて安全を確かめる必要がある。ゲートを通過する際にはペットボトルに入った飲料などの液体物はあらかじめ取り出しておくのがマナーらしいので、育毛剤をリュックサックから取り出し「育毛剤です」と申請し、液体物検査にかけると…。

「チャップアップ」は、無事に検査場を通過することができた!超うれしい!!

試しに、帰りは「チャップアップ」をリュックサックに入れたまま、申告せずに検査ゲートに入る。エックス線検査を受けて、果たして結果は…?

なんと、そのまま無事に通過することができた!!

バッグに入ったチャップアップ

無事に手荷物検査を通過

液体物の機内持ち込みに関しての規約は?

帰宅後、ANAの公式ホームページを確認すると、「瓶に入った化粧水や乳液など壊れやすいものは、機内にお持ち込みください」とのこと。

液体物を持ち込む際に気をつけなければならないのは、機内で漏れることのようだ。持ち込む際には、キャップがしっかりと閉まっているか確認しよう。

また、日本航空(JAL)のホームページでも同様に「国内線では化粧品・香水・医薬品(非放射性のもの)は機内持ち込み・お預けともに可」と記載されている。

どちらの航空会社も「1容器あたり0・5kgまたは0・5リットル以下で、お一人さまあたり2kgまたは2リットルまで」と記載されていた。

育毛剤を持ち込む際に、気をつけるべきことはアルコール度数だ。70度を超えるものは持ち込みができない。育毛剤に配合されるアルコール度数を明記したメーカーサイトは少ないが、記者が実際に持ち込んだ「チャップアップ」やノンアルコール系の育毛剤などは機内持ち込みが可能だ。

スプレー缶タイプはどうなの?

育毛剤にも"ミストタイプ"や"ノズルタイプ"などがある。さすがに、ガス入りのスプレー缶タイプは持ち込みできないのでは?と疑問が生じ、それについても調べてみた。

液体物と同様、記者は勝手に「スプレー缶は手荷物もお預けも一切NG」だと思い込んでいたが、ANAのホームページにある「国内線の手荷物の取り扱いついて」によると、「火気と高温に注意」と描かれているスプレー缶でも、化粧品や医薬品など一部のスプレー類は機内への持ち込みが可能のようだ。

スプレーに関する注意

国土交通省のホームページにも「育毛剤は持ち込み可能」と掲載されており、ガスが充塡(じゅうてん)されたスプレーの場合は、「中身が漏れるのを防ぐためキャップまたは適当な方法(噴射弁が押さないような措置)で保護してあるものが条件」と記載されている。

国際線は渡航先の国のルールに注意を!

国際線に関しては、冒頭でお伝えしたように、持ち込みたい場合は100ml以下の容器でないといけないので、別の容器に移し替える必要がある。

また、スプレー缶タイプに関しては、成田国際空港の公式サイトによると高圧ガススプレーの持ち込みは危険物として禁止だが、ヘアスプレーやボディースプレーなど、一部のスプレー缶はスーツケースなどに入れて預け入れが可能とのこと。しかし、航空会社によって規定は異なるようなので、どうしてもスプレー缶タイプのものを海外へ持って行きたいのであれば、事前に航空会社に問い合わせたほうがベターだ。

さらに、到着してから渡航先の国内へ育毛剤の持ち込みが可能かどうかは国によってルールが違い、没収される可能性もあるので航空会社に確認するか、もしくは渡航先の大使館のホームページを確認するなどしたほうが良いだろう。

ちなみにもし、育毛剤について手荷物検査で「何だこれは?」と聞かれた場合は「Hair growth tonic」(ヘア グロウ トニック)と答えよう。