育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛・薄毛・育毛剤…髪の毛の徹底研究サイト

トランプ大統領も!? 育毛剤ユーザー実践の薄毛隠ぺい術を調査

アメリカの大統領も薄毛を隠していた!?

公私にわたり、何かと物議を醸す発言の多いトランプ米国大統領。

2018年2月22日にワシントンで行われたCPAC(保守政治活動協議会)では、自身が実はハゲで、隠すことに注力しているというコメントが注目された。

薄くなった頭をどうにかしようというのは国の東西も職業も問わないということだが、では、育毛に励む一般人はどのような隠し方を試みているのだろうか?

薄毛隠しの術あれこれ

トランプ大統領は「私はハゲた部分を隠そうとしている。ハゲの人はみんな努力しているんだ」と、語った。

頭部は人間の体の部位でもかなり目につく場所。ハゲを隠す場合、上手にやらないとかえって怪しくなってしまう。

トランプ大統領の髪型も、かねてから怪しまれてはいたが、独特のヘアスタイルと強烈なキャラクターが、目をそらす役割となっていたのかもしれない。

それでは市井の人々の意見を聞いてみよう。ドラッグストアで働く33歳の吉田達彦さん(仮名)は、こう話す。

「ボクもかなり髪が薄くなってきています。特に『M字ハゲ』の進行が顕著ですね。

最近では、M字の真ん中の部分まで抜け毛が進んできました。そこで問題となるのは接客のときです。ドラッグストアですから当然、育毛剤や育毛シャンプー、マッサージブラシなんかも取り扱っています。売っている側があまり薄毛に見えてしまうと、お客さんに『効果がないんじゃないの?』と思わせてしまいますからね

実際、育毛剤を買いに来たお客さんが、会計の際に吉田さんの頭を不審そうな目で見つめていたとか…。

「そこで、左側頭部の髪をまとめて右に流すようにしました。ヘアワックスで固めて、一見すると七:三分けとして認識してもらえる形です。私の頭をグルッと360度見れば、無理やり寄せたことは明らかですが、お客さんとは正面から向き合うので、とりあえず前からの見た目に重点を置いたんです

それ以降は、お客さんの視線も気にならなくなったという吉田さん。

「でもさらに抜け毛が進んで、ごまかしきれなくなったときのことを考えて、今は育毛剤や育毛シャンプーを使っています。いい感じに改善したら、ハゲ隠しスタイルはやめて『実は、こんな風に効果があるみたいですよ』と、お客さんにアピールしたいですね」

正面から見て無事なら…という隠し方もアリ?

892afeb7ebd9158d5e9349d7e2a8208c_s

一方、隠そうとして失敗した例もある。39歳の白川淳一さん(仮名)は、額から頭頂部にかけて地肌がハッキリ見えるほど薄くなっている。ただし側頭部と後頭部の下側は無事で、AGA(男性型脱毛症)の典型的な抜け方だ。

残っている髪を、抜けている場所に持っていけば隠せると考えたんです。たぶん、トランプ大統領も同じやり方ですよね。片側のサイドの髪を少し長くして逆側に持っていくことを実践してみました」

いわゆる「バーコード式」だ。自然に見せるにはしっかりとセットする必要があったが、何とか形にしてみたという白川さん。そのまま外出しても、問題はなかったという。

「ただ、風呂に入って鏡を見たときに気がつきました。髪を濡らしてセットが崩れると、まるで落ち武者なんです。うまい人はどんなシーンでもぬかりのない状態にできるのかもしれませんが、私には無理でした…」

白川さんはそれ以降この隠し方はやめて、頭皮マッサージをしたり育毛剤や育毛シャンプーをグレードの高いものにするなど、育毛生活の強化を始めたという

薄毛ごまかしの術の結果…

トランプ大統領はハゲを隠す方向だったが、ビジュアル的に「ハゲから目をそらす」という方法も存在する。よく知られているのは髪を短くカットし、ヒゲを生やすこと。30歳の宮田明紀さん(仮名)も、そのメソッドを活用した一人だ。

「誰が見てもハゲだ!というほどではないんですが、つむじのあたりがかなり薄くなってきました。精神的ダメージは大きかったですね。そこで3か月ほど前から育毛剤を使い始めたんですが、一朝一夕に効果が表れるものではありません。薄毛をごまかそうと思いついたのが、坊主頭にヒゲというスタイルです

宮田さんは早速、美容院に行き髪を短くカット。ヒゲは口の周囲を伸ばし、自分でトリミングした。ところが、問題が発生したとのこと。

短髪+ヒゲで渋くキマるとは限らない

c41337222ef875f738e9892ea64a8fa2_s

「彼女にすこぶる評判が悪いんです。ボクとしてはハリウッド俳優みたいになったんじゃないかと思っていたんですが、彼女からは『似合っていないからやめて!』と、言われてしまいました」

見栄を取るか彼女を取るか?…とまではいかないが、宮田さんは厳しい選択を迫られた。

「彼女に理由を説明しているうちにケンカになってしまって…。最終的に、半年間の限定でこのスタイルを許可してもらいました。それで、その期間中に薄毛を解消できたらいいなと、育毛剤を使い始めたワケです。最近気づいたんですが、髪の毛の立ち上がりがよくなってきたので、今後の進展に期待しています

* * *

失ってしまったものをカバーするというのは何事でも難しいものだが、トランプ大統領が言う通り「みんな努力している」のだ。育毛剤で髪が改善するまで、隠すか、ごまかすか、流れに任せるか…。ベストな道を探っていきたいものだ。