育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

発売から7年! 内容もパッケージも一新した「BUBKA ZERO」の秘密

ブブカゼロのボトルと箱

2011年に登場した育毛剤「BUBKA(ブブカ)」が、今回、大幅にリニューアルされた。名前も一新し「ブブカ ゼロ(BUBKA ZERO)」となった。BUBKAシリーズはこれまでに5回のバージョンアップを行いながら進化してきた。シリーズ累計150万本以上のこの育毛剤、今回はどこが新しいのか?そして「ゼロ」の意味は…?メーカーを直撃した。

最新の育毛素材を投入

発売から7年で6回目のリニューアルということは、BUBKAはほぼ毎年のように新しいバージョンになってきたということになる。メーカーの「T.Sコーポレーション」マーケティング部の根日屋登紀夫(ねびやときお)さんに、話をうかがった。

「『BUBKA』は、『セルゲイ・ブブカ(ウクライナの元陸上選手。男子棒高跳びの世界記録保持者)のように、限界を超えてより高く』という思いから名づけられました。お客様にとってより良い商品をお届けし続けるために、商品改良に取り組んでいます」(根日屋さん、以下「」内は同)

つまりたびたびのリニューアルは、最初の製品が物足りなかったとか不足分を後から補うということではなく、時代のニーズに柔軟に対応してきた結果ということだ。

ブブカゼロのボトル

容器の形状も一新された「ブブカ ゼロ(BUBKA ZERO)」。定期初回価格5980円(税込み)、単品価格は1万6200円(税込み)

では、育毛成分には、どのような改良が行われているのだろうか?

「まず、発毛促進・育毛促進・抜け毛予防のための有効成分の配合を見直しました。より高い効果を期待できる配合バランスを実現しています。また、頭皮の健康をサポートするために配合している成分を59種類から92種類に増やしました。これは単に数多くしただけということではありません。素材メーカーを一から選定し直すと同時に、最新の研究で注目されている成分を追加しました」

中でも注目なのは、毛髪の司令塔に対し働きかける成分を増やしたこと。そのキーとなるのが、育毛業界がいま注目している「17型コラーゲン」だ。

「17型コラーゲンは、毛根の一部に存在している『バルジ領域』内の毛包幹細胞で司令塔の役割を担っています。そして毛髪の元となる細胞を、毛乳頭へ供給するシグナルを送っています。これにより毛髪の産生が活性化されるのです。加齢によって17型コラーゲンは分解されやすくなりますから、バルジ領域を守ることがとても大切なんです」

さらに、ここに働きかける成分のうち、注目すべきものが2つある。一つは「マジョラム」というシソ科のハーブで、今回初めて投入された。もう一つはBUBKAの特長である「M-034」、北海道産のミツイシコンブに含まれる成分だ。

「マジョラムエキスとM-034はバルジ領域へのサポートをする成分です。こうした最新の育毛サイエンスに対応するための商品改良に挑み続けるのが、『BUBKA』のリニューアルなのです」

M-034は従来品にも配合されていたが、今回は10倍の量が入っているとのこと。その他、毛乳頭に働きかける成分のサポートを行う、植物由来の「カモミラ」も増量しているなど、BUBKAが濃密育毛剤と呼ばれていることにも納得がいった。

ユーザーの不安をなくしたい

改良には、追加したり増やしたりといったことだけでなく「削る」工夫もある。

「健康的な髪のためには、土壌となる頭皮が大切だと考えています。そのために、うるおいを与え、保湿に役立つさまざまな成分を入れています。しかし、頭皮が荒れたり刺激を与えたりするような物質が含まれていたら意味がありません。成分を溶かすために以前はアルコールを用いていましたが、『ブブカ ゼロ(BUBKA ZERO)』ではそれをカットしました」

アルコールだけでなく、シリコン、石油系界面活性剤、パラベン、合成香料など、頭皮に影響を与える可能性のある物質を排除したことで、皮膚が敏感な人やアルコール刺激を感じやすい人にも使いやすい育毛剤となった。

今回のリニューアルでは、容器も一新されている。

「育毛剤を使っているというと、『オジサンっぽい』などのイメージを持たれがちです。そこで見た目も恥ずかしくないボトルにし、自信を持って使ってほしいと思い、オリジナルで作りました」

見た目だけでなく、握ったとき容器の段差部分に、指がちょうどよくかかるよう、使い勝手も改善された。

「今回のネーミング『ZERO』には、いくつかの思いを込めています。育毛を考えるユーザーのために何ができるかという『原点回帰のゼロ』、『アルコールゼロ』、不安なく使える『ストレスゼロ』などです。毎日、長きに渡って使うものですから。進化した『BUBKA』を、ぜひ実感していただけたらと思います」

ブブカサプリメント

今回新登場のサプリ「BUNKA THE ENZYME(ブブカ・ジ・エンザイム)」6480円(税込み)

育毛剤のリニューアルにともなって、同社では新たに酵素を配合したサプリも開発した。毛髪は体の中でも優先度の低い組織なので、体の不調によって発毛への働きが抑制されてしまう可能性がある。酵素の働きによって体の巡りをよくすることで、頭皮に必要な栄養を届けるサポートをするという考え方から「BUNKA THE ENZYME(ブブカ・ジ・エンザイム)」というサプリも発売された。ちなみにこれは、『ブブカ ゼロ(BUBKA ZERO)』を定期購入すると、毎回サービスしてもらえるというはうれしい特典もある。

ユーザーの視点と、最新の育毛成分や配合について考え抜かれた新しい『BUBKA』。試してみる価値はありそうだ。

BUBKA ZERO 公式サイト https://bubka.jp/