育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

育毛剤と併せて使いたい! 夏の紫外線から髪や肌を守る男性用UVケア最新事情

育毛剤と併せて使いたい! 夏の紫外線から髪や肌を守る男性用UVケア最新事情

間もなく本格的な夏がやってくる。海や山のレジャーに夏休みと心躍る季節ではあるが、同時に汗や脂汚れが気になってもくる。さらに気をつけたいのが紫外線だ。太陽光に含まれる紫外線が、肌や髪のキューティクルを劣化させることは科学的に判明している。では、普段から愛用の育毛剤を使ってケアしている大切な髪と頭皮を、紫外線から守るためにはどうしたらいいのだろうか…?

プランテルEX

◆ドラッグストアでいま人気のUV商品

紫外線が肌のシミやシワの原因となることは、各化粧品メーカーから発売されている多種多様な女性用のUVケア用品を見ても明らかだ。これは、頭皮も同様。頭皮の皮脂は紫外線を浴び続けることで酸化が進み、毛根にダメージを与えることが各種の研究結果でわかっている。また、毛髪の質を維持するために重要なキューティクルも、紫外線によって壊される。

つまり、紫外線対策を怠っていると、新たな髪の生育を妨げるばかりか、残存している髪まで傷んでしまうということになる。特に頭皮へのダメージは、せっかく日々育毛剤でケアしていてもそれが十分な働きをすることができなくなってしまう可能性がある。

そこで欠かせないのがUVケア製品で、最近では男性向けのものも増えている。東京都内のドラッグストア店員のAさんは言う。

「男性も紫外線を大量に浴びると、シミやシワが増えて老けた顔に見えてしまいます。髪のハリもなくなるので、見栄えはさらに悪くなってしまいますね。頭部のUV対策品でオススメなのは『ミーファ フレグランスUVスプレー』です。髪、肌、頭皮向けに作られています。この製品のポイントは、紫外線を防ぐ効果が『PA++++』、日焼けを防ぐ効果の持続が『SPF50+』と、非常に高いことです」(Aさん、以下「」内は同)

「PA」は紫外線の防御効果の指標で、「+」が多いほど効果が高い。「++++(フォープラス)」は、市販されているUV対策製品では現状最大級の数値。

「SPF」は効果の持続時間で、数字が大きいほど長時間を示す。「50+」は、12時間以上日焼けを防ぐ効果が持続する性能があることを示している。UVケア用品を選ぶときは、これを参考にするといい。

「ミーファ フレグランスUVスプレー」600円前後(参考価格) 画像は公式サイトより

「ミーファ フレグランスUVスプレー」600円前後(参考価格) 画像は公式サイトより

「スプレー式ですから頭にシュッとひと吹きするだけで、OKです。保湿成分と髪質を保つ成分は植物性。価格も手ごろなので、よく売れていますね」

また、毛髪用ではないが、男性に特化したUV対策化粧品ではDHCの製品も売れ筋と、Aさん。

「男性向けブランド『DHC MEN』の『オールインワンUVプロテクションジェル』は、名前の通り多機能な点が魅力です。日焼け止めの他、アフターシェーブジェルや美容液、乳液といった使い方がこれ一つでできるのです」

 確かに価格も抑え目なので、コストパフォーマンスの高い製品かもしれない。

「紫外線防御能力は、SPF27、PA++と少し控えめですが、それでも十分、紫外線対策はできます。普段の通勤バッグに入れておいて休憩中などに、こまめにつけ直すといいのではないでしょうか」

DHC「オールインワンUVプロテクションジェル」1000円前後(参考価格) 画像はアマゾンより

DHC「オールインワンUVプロテクションジェル」1000円前後(参考価格) 画像はアマゾンより

また「マンダム」から発売されている、「ルシード薬用 UVブロック化粧水」は、中高年向けとしてオススメという。

40歳からのアンチエイジングを狙っていますから、育毛剤ユーザーの層と重なるのではないでしょうか。セラミド様成分やコエンザイムQ10を配合していて、肌の保湿に貢献します。紫外線にはA波とB波がありますが、この化粧水はその両方に対応している点も特長です」

紫外線のA波は波長が長く、じっくり真皮層まで達し肌の老化を引き起こす。B波は波長が短く、肌の表面に短時間で炎症を引き起こす光線。UV対策では、両方とも防ぐことがベストだ。この化粧水も、ブランド力も相まって人気とのこと。

「ルシード薬用 UVブロック化粧水」1000円前後(参考価格) 画像は公式サイトより

「ルシード薬用 UVブロック化粧水」1000円前後(参考価格) 画像は公式サイトより

◆育毛剤メーカーも協力した話題のUVケア商品

一方、大手雑貨店などで話題なのが「クワトロボタニコ」というブランドの男性用スキンケア用品という。コスメ売り場担当のBさんはこう説明する。

「男性用化粧品として注目されている同ブランドの『ボタニカル スポッツ ソリューション』が、紫外線対策にはオススメです。特長は『コウジ酸』を利用して、肌をシミから守ること。これはお米の麹(こうじ)から作られる原料で、日焼けに関係するメラニンの生成を抑える働きがあります」(Bさん、以下「」内は同)

コウジ酸の配合には、育毛剤の「デルメッドヘアエッセンス」を発売している三省製薬が協力しているという。その他、紫外線による肌の酸化や皮脂の分泌を抑える「モダマ」という植物のエキスや、紫外線による肌の炎症を防ぐ「黄山薬抽出液」など4種の植物成分が配合されている。

「価格帯はやや高めですが、肌や髪にこだわりのある方がよく買っていかれます。リピーターも増えていますね」

クワトロボタニコ「ボタニカル スポッツ ソリューション」5400円(税込) 画像は公式サイトより

クワトロボタニコ「ボタニカル スポッツ ソリューション」5400円(税込) 画像は公式サイトより

* * *

紫外線は室内にいても窓を通して入ってくる。夏場は特に、肌も髪も日中、常に紫外線の害にさらされているといっていいだろう。せっかく使い始めた育毛剤の働きを阻害しないためにも、日差しが強くなるこれからの季節、紫外線対策もしっかりやっておこう。