育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

超音波の刺激で発毛促進する最新マシン登場! 2020年に実用化か?

超音波の刺激で発毛促進する最新マシン登場! 2020年に実用化か?

最近の育毛では「頭皮ケア」が重視されている。毛髪の土壌となる頭皮を元気にすることが、薄毛の改善には重要だからだ。そのため、より効果的な頭皮ケア法が求められている。このほど、全国の主要都市で薄毛治療を行う「ヘアメディカルグループ」は、日本医科大学形成外科、アンファー株式会社との共同研究により、細胞に振動圧を与えることが発毛促進につながる可能性を発表した。そのメカニズムとは、どのようなものなのだろうか?

プランテルEX

◆物理的な刺激が頭皮の細胞を元気にさせる?

細胞に外から刺激を与えると何らかの変化を起こすことは、多くの研究によって知られている。最近では「メカノバイオロジー」という分野で、世界的に研究されるようになった。発毛にも細胞が関係しているため、刺激を与えたらどうなるか?を科学的に検証したのが、今回の研究発表だ。

メカノバイオロジーを毛髪の研究に応用したのは、日本医科大学形成外科学教室の小川令主任教授。小川主任教授は形成外科の治療の中で、傷のある場所が物理的刺激の強弱によって改善される現象を見てきた。刺激を受けた細胞は膨らみ、たんぱく質の合成が促進されるという。

「体内のあらゆる臓器、組織、細胞に、物理的刺激は関与しています。これは毛髪再生の活用にも期待ができると予想したんです。メカノバイオロジーの研究を活用すれば、薄毛に悩む患者さんのQOL向上に貢献できるのではと考えました」(小川主任教授)

マッサージのように外側から刺激を与えることは、頭皮の毛乳頭細胞などに対して何らかの変化をもたらす可能性が高い。実際に、日本医科大学付属病院形成外科の高田弘弥講師は昨年の夏、マウスの背中で振動圧刺激を利用して傷を治す実験をしていた際、刺激を与えた周辺が発毛していることを発見したという。振動圧刺激とは、非常にサイクルの速い細かい振動を、患部などに与えること。

そこで、発毛剤に使われるミノキシジルと振動圧刺激を組み合わせたら、さらに効果が高まるのではないかと考え、同大とヘアメディカルグループとアンファーは連携。3者による共同研究を行った。その結果、マウスを使った実験により、発毛効果を高める可能性が見いだせたという。

高田講師はこの研究を「ヒト毛乳頭細胞に対するミノキシジルおよび振動刺激による作用機序の解明」として発表。それによるとこの2つの組み合わせは、発毛の指令を出すために必要なたんぱく質「カリウムイオンチャネル」を活性化させたという。

ミノキシジルにはもともと、カリウムイオンチャネルを活性化させて発毛を促すという働きがある。研究グループは「振動圧刺激」によっても、これと同様の効果が現れることを確認。そして両者を同時に使うことで相乗効果を発揮し、発毛がさらに促されることがわかってきたのだ。

頭皮への適度な刺激は理に適っている

頭皮への適度な刺激は理に適っている

◆皮膚に直接触れずに刺激を与える最新機器

この実験で振動圧刺激を行うにあたり、興味深い機器が用いられた。日本医科大学が独自開発した「非接触集束超音波装置」というものだ。これは超音波の振動を利用し、肌に直接触れずに刺激を与えるもの。しかも特定の狭い範囲に振動圧を集中させることができるという。現在、多くの分野から注目されている最先端の技術で、例えば宙に浮いたホログラムに指をあてたときに超音波の振動により、実体がそこにあるかのような感触が得られるシステムなどが考えられている。

接触しないということは、医療分野では患部に直接触れる必要がないため感染のリスクが減らせるほか、塗った薬剤が無駄にならないといったメリットがある。例えば発毛剤を塗った頭皮を手で直接刺激すると、せっかくの薬が指についてしまうが、非接触機器を使えばそういったことは避けられる。日本医科大では「非接触集束超音波装置」を、空間触覚型の医療機器として特許出願している。

「非接触集束超音波装置」を用いた実験・観察システム

「非接触集束超音波装置」を用いた実験・観察システム

研究グループでは、ミノキシジルと振動圧刺激が発毛を促すメカニズムがわかってきたことで今後、人間の毛髪に対する臨床試験まで研究を進め、数年内に実用化したい構えだ。

ヘアメディカルグループの川島眞総院長は、将来的な展望についてこう話す。

「この研究の成果をもとに、クリニックで使用する臨床用の『低周波振動圧刺激による薄毛治療機器』を、2020年に導入できるよう開発を進めています。また、ホームケア用として小型化、低価格化を実現した『低周波振動圧刺激デバイス』を、2021年に発売したく思っています」

アンファーからはこの8月に「スカルプD メディカルミノキ5」が発売され、発毛剤がますます身近になってきた。ヘアメディカルグループが製品化を進める振動圧刺激の機器を誰もが体験できるようになれば、薄毛の改善は劇的に進歩するだろう。今後の研究成果に期待したい。

ヘアメディカル公式サイト https://www.hairmedical.com/

アンファー公式サイト http://scalp-d.angfa-store.jp/