育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

髪や地肌に優しく白髪をケア! 最新ホームヘアカラー事情

髪や地肌に優しく白髪をケア! 最新ホームヘアカラー事情

髪が薄くなることは心配だが、30代以降では白髪が目立つようになってくる人も少なくない。薄毛と白髪のダブルパンチを食らうと、一気に老けて見えるようになってしまうのもつらいところだ。薄毛対策は育毛剤でじっくり取り組むとして、では、白髪カバーはどうしたらよいだろう? 今回は、最新のホームヘアカラー事情を探ってみた。

マイナチュレ

◆髪と頭皮をいたわるカラー剤

髪が薄くなってくると、なくなった分を取り戻したいと思うだけでなく、今ある髪を少なくとも現状維持していきたいと考える人も多いだろう。いくらかでも残っていれば、薄くなった部分を隠すことも不可能ではない。その際、できれば白髪でないのが理想的だ。しかし、髪自体に悪い影響を与えることはできるだけ避けたい。髪の染料には、毛髪の内部を守っているキューティクルを開いて浸透させるタイプのものが多いため、そういう意味においては、カラーリングなどはリスキーに思える。

ヘアサロンでは、髪へのダメージを少なくしたいというニーズに応え、植物性の「ヘナ」などの染料を使うところが増えている。最近ではこうした「髪と頭皮に優しい」ヘアカラーが、サロンに行かずとも自分で簡単にできる市販品も増加中だ。

この6月25日に「協和」から発売された「HAIR COLLA トリートメントカラー」がその一つ。このヘアカラーの最大の特長は、キューティクルを傷めずに染めることが可能な点だ。髪にダメージを与えるタイプのヘアカラーでは、髪の質が徐々に低下して、ツヤやコシ、張りがなくなってきたり、肌の状態によっては頭皮にも悪影響を及ぼしたりする可能性があるが、そうしたリスクを回避しているという。

独自開発した集中トリートメント色素や毛髪バイタルコラーゲン、補修型オイルケラチン、プラセンタエキスなどを配合していることが、髪と頭皮をいたわりつつ髪染めができる理由とのこと。色素は簡単に落ちることはなく、長持ちする技術を投入。カラーはナチュラルブラックとダークブラウンの2色。ヘアカラーに慣れていない人でも簡単に塗ることができる、「ワンハンド 楽塗りコーム」も付属している。現状では、通信販売でのみ取り扱っている。

『HAIR COLLA トリートメントカラー』価格:3112円(税込)
※画像は公式サイトから

◆昆布の力でヘアケア

一方、髪や頭皮に化学薬品を塗布することが、どうしても気にかかるという声もある。そんな人向けに作られているのが「利尻ヘアカラートリートメント」だ。分類的には「白髪用ヘアマニキュア」になる。その名から想像できるように、北海道の利尻に関連した製品だ。同地は良質の昆布が特産で、その利尻昆布から抽出されたミネラル、保湿成分のアルギン酸、フコイダンが配合されている。フコイダンは昆布のネバネバに含まれる物質で、抗酸化作用などの働きについて研究が進んでいる。

こうした昆布由来成分のほか、ユズ、オドリコソウ、ローズマリーといったハーブ類をふんだんに使い、髪染め用の染料もウコンやクチナシなど、徹底して植物性素材にこだわっている。その数28種という。また、最近の天然素材系シャンプーなどと同様、パラベンやシリコン、鉱物油といったものは入れていない。ヘアカラーでよく使われる酸化剤も不使用だ。髪を染めると製品によってはニオイが気になることがあるが、「利尻ヘアカラートリートメント」は無香料だから、その心配もない。

バランスよく配合された植物素材と髪にダメージを与える化学薬品を使わないことで、染めて髪が傷むどころか、むしろうるおいとツヤを与えるという。ちなみに、利尻昆布の成分を使ったシャンプーやコンディショナーなどのヘアケア製品もラインナップされている。

「利尻ヘアカラートリートメント」3240円(税込)※画像は公式サイトから

「利尻ヘアカラートリートメント」3240円(税込)
※画像は公式サイトから

◆しっかり染まって落ちにくいカラートリートメント

ロート製薬の「50の恵(めぐみ)(R)カラートリートメント」も、海藻の成分を使ったトリートメントタイプの白髪染めだ。昆布、ワカメ、ヒジキなど5種類のエキスを利用していて、これにより、染めながら髪や頭皮をいたわることを可能にしているとのこと。

トリートメントタイプは一般的に通常のカラー剤よりも「染まりにくい」「色落ちしやすい」と言われているが、同社ではpHを調整する技術により、しっかり染まって落ちにくいものに仕上げた。基本的に1週間に一度使用すればいいとのこと。

髪を染めるときは濡れた状態でなく、乾いた髪につけて洗い流す方が染まりやすいという。もちろんシャンプー後に使っても問題ない。つけてからなじませるまでの時間が10分程度で済むのは、忙しい人にはありがたいだろう。

「50の恵(R)髪色つづくシャンプー」というのも並行して売られている。カラートリートメントで白髪を染めた人のためのシャンプーで、親和性を高めているため色落ちしにくい作りとなっている。

「50の恵(R)カラートリートメント」左からブラック、ライトブラウン、ダークブラウン。各1620円(税込)※画像は公式サイトから

「50の恵(R)カラートリートメント」
左からブラック、ライトブラウン、ダークブラウン。各1620円(税込)
※画像は公式サイトから

* * *

こうした白髪染めは、上手に使えば「薄毛+白髪」による年寄り臭さを減少させることができるかもしれない。今回紹介した製品には強い薬剤は使われていないが、育毛剤と併用する場合は、各メーカーや薬局などでリスクについて確認しておきたい。また、性別による使用制限があるかどうかも聞いておけば、より安心して使えるだろう。