育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

育毛剤NGのハゲ芸人と薄毛ネタNGのハゲ芸人の違い

自分の人生を切り取って笑いに変えていくのが芸人というもの。もちろん、コンプレックスも重要な笑いのネタになるわけだが、その代表的なものが「ハゲ」だ。

目下、大ブレイク中の漫才コンビ「トレンディエンジェル」は、コンビ2人ともがハゲているという稀有なコンビ。しかし、惜しむことなくハゲをネタにしまくり、見事M-1グランプリ2015で優勝を果たしたのだ。

trendyangel

今を代表するハゲ芸人といえばやっぱりこの人たち

またハゲキャラで人気といえば、ブラックマヨネーズの小杉竜一。かつて、雨上がり決死隊の宮迫博之、FUJIWARAの原西孝幸、フットボールアワーの岩尾望らとともに、「K-BO-BO プロジェクト 芸人育毛計画」に参加し、シャンプーのCMにも出演していた小杉だが、「発毛の方向性の違い」を理由に脱退している。お笑いに詳しい芸能ジャーナリストはこう話す。

「小杉さんは、芸人としてハゲキャラを貫きたいということで、脱退したそうです。実際、宮迫さんなどは、このCM出演をきっかけに育毛に真剣に取り組み、薄毛を克服しました。宮迫さんの場合は、芸人だけでなく俳優の仕事もあり、薄毛克服は大きなメリットでしたが、小杉さんの場合、ハゲネタは大きな武器。もしもハゲじゃなくなったら仕事が減ってしまう…という思いがあったようです」

プランテルEX

◆ハゲネタNGの芸人も?

ハゲキャラを存分に活かす芸人がいる一方で、ハゲキャラを封印する芸人もいる。9月17日に放送されたフジテレビ系『さんまのお笑い向上委員会』では、ネプチューンの堀内健が芸能事務所・ワタナベエンターテインメント(以下、ナベプロ)では、基本的にハゲネタがNGであると明かしたのだ。

同番組では、ナベプロ所属のピン芸人・あばれる君の頭皮を見た宮迫が「ハゲとるやないか!」とツッコむ場面があった。あばれる君はスキンヘッドに近い坊主頭なので判りづらいが、実は頭頂部の毛が薄い。宮迫は、あばれる君の髪型はハゲをカモフラージュするためなのではないかということを指摘したのだ。

miyasako

自ら薄毛を克服したという雨上がり決死隊の宮迫

そんななか堀内が、ナベプロでは会社としてハゲネタを前面に出すことをNGにしていると告白。ナベプロ所属のロッチの中岡創一やTIMのゴルゴ松本なども、ハゲネタをやっていないことを例として挙げ、あばれる君がハゲをネタにしない事情を説明したのだ。

しかし、やはりナベプロ所属のアンガールズ・田中卓志は、吉本芸人と番組で絡むと否応なしにハゲをイジられてしまうとクレーム。まさに、あばれる君が吉本興業所属の宮迫にハゲをイジられたのは、その通りの展開だったのだ。

ちなみに、ハゲをイジることが多い吉本芸人は宮迫だという。前出の芸能ジャーナリストはこう話す。

「やはり『アメトーーク』で多くの芸人と絡んでいるということが大きな理由です。そして、そもそも宮迫さんが薄毛だったということがあるので、他の芸人のハゲをイジりやすいということもあります。トレンディエンジェルもそうなんですが、基本的にハゲキャラは“自虐ネタ”が多い。ハゲていない人がハゲをイジるとちょっと微妙な空気になることもありますが、もともとハゲだった宮迫さんがイジれば笑いになりやすいということだと思います」

たしかに、コンプレックスを笑いにすることに抵抗がある人もいるだろう。ハゲをネタにするときも、芸人なりの配慮がなされているということのようだ。