育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

育毛剤ユーザーが自らの「毛活」を振り返る「ここが私の反省点でした!」

育毛剤ユーザーが自らの「毛活」を振り返る「ここが私の反省点でした!」

育毛剤は同じ髪関係の製品でもシャンプーやリンスなどと違い、それなりに年齢を重ねてから出合うパターンがほとんどだろう。そして、最初から上手に使っている人ばかりではなく、試行錯誤を重ねたり失敗しながら「毛活」を続ける人もいるようだ。今回は東京都内で現在、育毛剤を使っている男性に、育毛剤での失敗談や反省点について聞いてみた。

◆三日坊主を反省し、プランテルEXを定期購入!

吉野光一さん(仮名)は、38歳のサラリーマン。額と頭頂部の髪が薄くなってきたことを気にして、3年ほど前から育毛剤を使うようになったという。

「よし、これから育毛に励むぞ!と、思ったのはいいんですが、何を使ったらいいか皆目見当もつきません。そこでまず、ドラッグストアのヘアケアコーナーに行って適当なものを購入してみました。とりあえず試してみようという程度の意識だったので、価格が安いことを基準にしましたね」

それから育毛剤をつけ始めた吉野さん。最初の1か月は朝晩1回ずつ頭皮につけていたが、やがて夜の1回だけとなり、いつしかつけなくなってしまったという。

「昔から飽きっぽくて三日坊主だったんです。薄毛を気にして始めた育毛剤ですが、目に見えた効果がすぐにあるわけでもないので、次第に興味を失っていきました。育毛剤を使うと同時に、できるだけ健康的な生活を送ろうとも考えていたんですが、それもろくに実行に移せませんでしたね」

旅行先で友人の抜け毛にビックリ

旅行先で友人の抜け毛にビックリ

最初の育毛剤の使用をやめてから3か月ほど後、吉野さんは「このままではいけない!」と、気持ちを新たにする。

「最初に使った育毛剤の価格が安いという点も、モチベーションを維持できなかった一因と、自己分析しました。そこで、育毛剤について調べなおし、最初に使った製品より価格が高く、定期購入できるものにしました。これなら自分の性根を叩き直せると思ったからです」

吉野さんは「プランテルEX」を定期購入することにした。通常単品購入で1万円を超える価格帯(定期購入なら税抜8,982円)なので、いい加減な気持ちで使うことはなくなったそうだ。同時に生活習慣も改め、健康的な毎日を送るようになった。

「髪のハリがよくなって、薄毛が目立たなくなってきたように思います。ボクのような性格の人間には、思い切った行動が大切なのかもしれません」

 

 

◆優柔不断を反省

33歳の野口勝彦さん(仮名)は、30歳を過ぎたころから髪を気にし始めた。

「友人に言わせると別にハゲてはいないとのことだったんですが、父親が見事なツルッパゲなので、不安を覚えるようになったんですね。早めに手を打っておいて損はないかと考えたんです」

そこで野口さんはドラッグストアや薬局を回り、育毛剤や育毛シャンプーなどを買いそろえた。毎日それらで髪や頭皮のケアにいそしんでいた。しかし、しばらく使ってもあまり変化が感じられなかった。

「何人かの友人にその話をしたところ、A社のあれがいいとかB社のこれがいいとか、いろいろな意見を出されました。そうした情報を整理して、最終的に自分に合ったものを決めていけばよかったのですが、ボクは言われるがままに、いろんな製品に手を出してしまったんです

気がつくと、数種類の育毛剤が部屋に並んでいたという野口さん。どう使っていけばいいか収拾がつかなくなり、今日は製品A、翌日は製品Bといったように「チャンポン」で使うこともあったという。

外野の意見に左右されない意志の強さも大事

外野の意見に左右されない意志の強さも大事

「あるとき、優柔不断で主体性がない自分に気づき、深く反省。あれこれ手を出すのもよくないと思い、昨年『イクオス』1本でいくことに決めました。海藻エキスを使っていて、頭皮に優しそうな点がいいと思ったからです」

過去に購入した育毛剤の中には、まだ残っているものもあったが、野口さんはきっぱりと捨てた。

「いまのところ抜け毛は抑えられているのか、髪は薄くなってはいません。つけ心地もいいので、これからも『イクオス』を使い続けていくことになると思います」

◆対策の遅れを反省

45歳の寺田敏彦さん(仮名)は、育毛剤を使い始めて半年近くになるという。

「抜け毛や薄毛とは無縁だと思っていたんですが、昨年あたりから頭頂部の薄毛が目立つようになってきたんです。もしかしたらそれ以前から薄くなっていたのかもしれません」

特に風呂上りに髪の毛が濡れた状態で見ると、薄毛が顕著だったという。つむじが広がったというレベルではなく、明らかに髪の毛がない部分があった。

「それまでは育毛剤なんかは使う必要はないと思っていました。でも、私の頭頂部の現状を見ると、そうも言っていられないと、『チャップアップ』を買ってみました。髪が復活するかどうかはわかりませんが、とにかく何か手を打とうと思ったんです」

それから毎日、朝晩「チャップアップ」を忘れずにつけて、頭皮マッサージも行うようになったという寺田さん。いまのところ抜け毛は進行していないという。

私の場合の反省点は『もっと早くから対策をとっておけばよかった』ということですね。今後はいろいろな発毛剤が出てくるという話も聞いたので、あきらめず今ある髪を大事にしていきます」

 * * *

人間誰しも欠点はあるし、失敗することもある。試行錯誤しながら、改善すべき点は改善し、より自分に適した育毛剤と育毛ライフを追究していきたい。