育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

「アンファー」が発表! 育毛に取り組んでいる人のための「髪に関する5つのトリビア」

「アンファー」が発表! 育毛に取り組んでいる人のための「髪に関する5つのトリビア」

この夏、発毛剤の「スカルプD メディカルミノキ5」を発売し話題となっている「アンファー」が、髪に関する「5つのトリビア」を発表している。専門医の監修のもと、髪のケアを気にかける人が知っておきたい知識もあるようだ。さて、そのトリビアとは?

◆「秋は抜け毛の季節」が科学的に証明された!?

トリビアの1つ目は「頭髪の日」

10月20日がそれにあたるのだが、歴史は古く、1977年に公益社団法人日本毛髪科学協会が、「頭髪や頭皮に関する知識の普及を目指す」ことを目的に制定した。この日の前後には、髪に関するさまざまなイベントやキャンペーンも行われているので、毎年、要チェックだ。

2つ目は「秋に抜け毛が多いって本当?」というトリビア。

抜け毛と季節の変化には少なからず関係性がある。イギリスの研究機関であるブラッドフォード大学バイオメディカル学部は、18~39歳までの成人男性の抜け毛の数を測定した結果、8~10月が他の月に比べ圧倒的に多くなったという論文を発表している。「8月と9月は冬の2倍も抜けた」という人もいたとのことだ。

秋になると抜け毛が増える?

秋になると抜け毛が増える?

トリビアの3つ目は「全ての髪が抜けるのには1000日かかる」

人間の髪の毛は、正常に生えている場合、約10万本存在している。1日当たりの抜け毛の本数は、個人差はあるものの平均80~100本。10万本を1日100本で割ると、全ての髪の毛が抜けるのに1000日。年数に換算すると2.7年かかることになる。しかし1000日後にはまた新しい髪が生えてきているので、1日100本の髪の毛が抜けても心配しなくても大丈夫だ。

4つ目のトリビアは、「薄毛の原因は男女で違うの?」について。

男性が薄毛になる原因は大きく分けて4つ。「遺伝」「男性ホルモンの影響」「食事・生活習慣」「精神的ストレス」だ。これらの薄毛原因が複雑に絡みあった結果、髪が抜けたり細くなったりするため、遺伝要素が少なくても、誰もが薄毛になる可能性があるといえる。

女性も同様に薄毛になることがあるが、薄毛のタイプが男性と異なる。男性の場合は、抜け毛が極端に増えてしまうことがあるが、女性の薄毛はどちらかというと髪が細くなることで「地肌が透けて見えるようになり、全体的に薄くなってしまう」のが特徴。薄毛は男女で症状や薄毛の進み方が違うため、ケア方法に違いがあるという。

そして5つ目は「薄毛にならない人種は存在するの?」というトリビア。

この答えは「薄毛は人種による違いはありません」だ。全ての人間は薄毛になる可能性を持っているのだ。では動物はどうかというと、男性ホルモンが原因でAGAを発症するのは「ベニガオザル」のみ。人間とDNAが類似しているといわれるのはチンパンジーだが、人間のようなAGAが見られるのはベニガオザルというのが不思議な点だ。

◆男性は食生活、女性は睡眠がポイント

頭髪に関する豆知識を得たうえで、専門医からの育毛アドバイスがある。男性の育毛治療を行う「メンズヘルスクリニック東京」の小林一広院長は、こう言う。

「生活習慣からなる薄毛の要因は、食生活や喫煙などがあげられます。肉類や油物の摂り過ぎで血中コレステロールが増加すると動脈硬化が進行し、末梢の血行不良をきたすことで髪の成長を妨げることにもなりかねません。また、髪のためにはたんぱく質や代謝を助けるビタミン及びミネラルが欠かせないので、栄養バランスの良い食事が必須。無理なダイエットで抜け毛が急速に進むこともあります。さらに、たばこのニコチンは血管を収縮させ抜け毛を促進し、薄毛の進行が早くなるケースもあります」

生活習慣病予防ではよく「バランスの良い食事を」といわれるが、これはそのまま頭髪にもあてはまる。体の健康はそのまま髪の健康と考えて良さそうだ。仕事が忙しかったり、単身で暮らしている場合、外食やコンビニ飯などで済ませがち。油の少ないメニューを選んだり、意識して野菜を摂るようにしたい。

髪に悪い食生活してませんか?

髪に悪い食生活してませんか?

また、女性のための頭髪治療で人気の「ウィメンズヘルスクリニック東京」の浜中聡子院長は、次のように話す。

「現代の女性は、仕事や家事に活躍される中、睡眠不足や栄養バランスの乱れにより、女性ホルモンの分泌が低下している傾向があります。質のいい睡眠により、髪の成長を促す成長ホルモン等々、多くのホルモンが分泌されます。そのためにも、なるべく日付が変わる前には眠り、朝型生活を心がけましょう。また、寝る直前までTVやパソコンを見ないように気をつけて。寝室は明かりをおとし、気温や湿度にも気を配りましょう」

女性にももちろん、バランスの良い食生活は必要だが、睡眠に問題を抱えているため、頭髪に影響が出ている人が多いと、浜中院長は警鐘を鳴らしている。「上質な睡眠を心がけること」、これが女性の薄毛を進行させないポイントといっていいだろう。

本格的な抜け毛の季節を迎えるにあたって、よりいっそう正しい知識で臨みたいものだ。

アンファー公式サイト https://www.angfa-store.jp/