育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛・薄毛・育毛剤…髪の毛の徹底研究サイト

最初に使った育毛剤に満足できなかった人の「チェンジ」体験

チェンジ

最新の育毛剤は、成分や効果がよく研究されている。しかし、万人に等しく働きを示す製品というのはなかなかない。ある程度使ってみても変化が感じられないときは、思い切って別の育毛剤にチェンジすると状況が好転することもある。最初に使い始めた育毛剤に満足できず、別のものに替えた人たちのその後とは…?

チャップアップ

市販のものからから通販専用商品へ

小林直之さん(仮名)は40歳。30代の終わりごろから髪の毛が気になり始めた。風呂で髪を洗ったときの抜け毛が増えたことと、頭頂部の毛量が寂しくなってきたことが原因だ。

「この年齢で薄毛になってしまうのは、さすがに困るなと思いました。五分刈りやスキンヘッドでごまかすという手もあるのかもしれませんが、ボクは童顔なので、ワイルドな髪型は似合いません。そこで、抜け毛の予防になればいいなと、1年前から育毛剤を使うことにしたんです

小林さんはドラッグストアを訪れ、育毛剤を探した。テレビCMでやっていたり以前から名前をよく聞いたものの中から、有名メーカーのものを選んだという。価格も手ごろだったので、2本ばかり買って試し始めた。

「せっかく買ったので毎日、朝と夜に欠かさずつけていました。頭皮が爽やかになった感じがするので、なかなか良かったですね。買ってきた2本は3か月くらいで使い終わりました。そこで買い足そうと思ったんですが、ネットを見ていたら通信販売専用の育毛剤があることを知りました

それまで使っていた市販の育毛剤も気に入っていた小林さんだが、ネットで見た育毛剤によりひかれたという。

「ボクが興味を持ったのは『イクオス(IQOS)』でした。市販のものより少しだけ高価でしたが、通信販売に特化しているという点にグレードの高さを感じたので、使ってみようと思いました。また初回45日間の返金保証のシステムもあったので、イマイチだと思ったらやめてしまってもいいかなと…」

「イクオス」に切り替えた小林さん。一番気に入ったのは「つけ心地」だったそうだ。

「ボク自身の体感ですから普遍的な答えにならないかもしれませんが、ドラッグストアで買ってきたものよりも頭皮のスッキリ感が上でした。それ以来ずっと継続しているのですが、以前よりも髪がしっかりしてきたようです。心なしか、シャンプーのときの抜け毛も減ったように思えます。ちょっとした思いつきでチェンジしましたが、変えてみて良かったですね」

ガッツポーズ

「育毛剤を使ってみて体感がいいことは大切

より低刺激なものへ

39歳の滝田光太郎さん(仮名)は、つむじの周囲の髪の毛が薄くなってきていることを気にしている。頭皮に刺激を与えないように、シャンプーは主成分が天然素材のものを、なるべく使うように心がけてきた。

「もともと肌が強くないんです。なので石けんやシャンプーはできるだけ素材のいいものでないと、荒れてしまうことがあります。ホテルや温泉に置いてあるシャンプーなどは、気軽に使えないものもあるんです。育毛剤は、知人にすすめられたものを使ってみました。でも、10日ほどで肌に合わないことに気がついたんです」

滝田さんはその育毛剤が、アルコールなど刺激性のものが配合されていないことを確かめたうえで使っていたが、ときどき違和感を覚えたという。

「こればっかりは、個人差なんでしょうね。少なくともボクには合わないと思いました。そこで、紹介してくれた知人には申し訳ないんですが、ほかのものを探してみました。薬局やスーパーでテスターが用意されている育毛剤を試したりもしました」

そんなとき、大学時代からの友人が「ブブカ(BUBKA)」が低刺激でいいのではないかと、滝田さんに言ってきたそうだ。

彼が『BUBKA』を使っていたので数日分を小分けしてもらい、試してみました。すると、違和感がなかったんです。これなら続けられそうだと感じたので、それ以降は『BUBKA』を使い続けています。まだ3か月程度なので劇的な変化はないのですが、つむじ付近の頭皮が柔らかくなってきているようなので、今後に期待しています

リーズナブルなものへ

東野隆文さん(仮名)は43歳。一見すると薄毛に悩んでいるようには見えないが、髪に関する悩みがあるとのこと。

「髪型でごまかしてはいますが、後頭部の上のほうがけっこう薄くなってきているんです。面と向かっていると気にならないと思いますが、後ろから見たら『この人かなりキテるな』と、思う人は多いでしょう」

この状態を隠すために東野さんは、朝入念にセットして出かけるという。やがて、シャンプーや自己流の頭皮マッサージでは十分な効果が上がらないと考えるようになり、育毛剤を購入するに至った。

お財布とお金

自分に合っていれば育毛剤の価格は関係ない

「半年くらい使い続けました。でもあまり効果が出ていない感じがしました。比較的高価な育毛剤だったので『このまま続けていていいものだろうか?』と、その時点で一度立ち止まることにしました。そして出した結論は『もう少しリーズナブルな価格で、良さそうな育毛剤を試してみよう』ということでした

東野さんはそれまで使っていた育毛剤よりも安い価格帯の「ルプルプ」に変えた。

「使い始めて4か月くらいになりますが、髪の毛の立ち上がりが良くなったと感じています。そのため後頭部を隠しやすくなりました(笑い)。薄毛の改善はこれからだと思いますが、問題は価格ではなく、自分に合っているかどうかじゃないかと思っています」

 * * *

抜け毛のタイプ、頭皮の状況、髪質などは一人ひとり違うもの。購入するときはよく調べて入手する人がほとんどだと思うが、もししっくりこなければ思い切って別の育毛剤に替えてみることも一つの方法だ。より良い「毛活」のために柔軟な考えを持っておこう。