妻は夫が育毛剤にお金をかけることに意外と寛容?


2ad28b2f61e3f2d214116ce614c63a2d_s

「スカルプD」シリーズを発売しているアンファー株式会社が、10月20日の「頭髪の日」と、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで30~59歳の既婚男女1000人に「夫婦愛と頭髪に関する調査2016」を実施。髪にまつわる夫婦の意識の違いなどが浮き彫りになった。

* * *

◆男性は自分の頭髪の採点が甘い

髪の毛の変化に一番気づきやすいのはやはり、パートナーである。風呂上りや寝起きなど髪の毛をセットしていない状態も、家庭の中だからこそ。そこで、妻は夫の頭髪について、どう見ているのだろうか?

まずは、下のグラフ「夫の髪・頭皮に対する妻の評価」を見ていただこう(複数回答)。

graph01

「髪にハリ・ツヤ・コシがある」は42.6%、「薄毛である」38.0%、「抜け毛が多い」39.4%、「頭皮の匂いがきつい」25.2%という結果となった。また、「夫に薄毛予防・薄毛対策を考えてほしい」は26.6%だった。

とりあえず髪のハリやツヤに関しては問題ないと見ている奥さんが多いということだが、問題は、夫の薄毛を気にしている女性も4割近くいるということだ。では夫サイドは自分のことをどう見ているのだろうか?

髪・頭皮に対する夫の自己評価」が以下である(複数回答)。

graph02

「髪にハリ・ツヤ・コシがある」が33.2%、「薄毛である」33.8%、「抜け毛が多い」37.6%、「頭皮の匂いがきつい」は23.0%という順番だ。薄毛に関しては、妻が気にしているよりも見積もりが若干低い。認めたくないのか自信があるのかは個々の見方によるだろうが、調査結果についてアンファーは「髪の薄さについて、男性の自己評価が若干甘い結果」と、コメントしている。しかし「薄毛予防・薄毛対策を考えたい」は38.4%と4割近くが回答しており、自己評価に関わらず関心が高いことがうかがわれた。

◆夫婦円満のカギは夫の頭皮ケアにあり!?

では、その対策にどの程度の投資ができるのか? 男性陣に「自分の頭皮ケアや薄毛予防・対策に費やしてもよいと思う金額(月額)」を聞いた。その結果は、「0円」が36.8%、「1000円~3000円未満」33.6%、「3000円~5000円未満」(9.4%)、「5000円~10000円未満」(8.4%)、「10000円以上」(2.6%)。平均した金額は、月に1439円である。

graph03

「0円」ということは、自分で頭皮マッサージをするとか、普通のシャンプーで洗う時に優しく洗うなどの自己流の工夫をするということか? 中には、値の張る育毛剤を使ってみたいものの、家計に気を遣ってなかなか実現できない…という人もいることだろう。

では、一方の妻は「夫が頭皮ケアや薄毛予防・対策に費やしてもよいと思う金額(月額)」は、いくらくらいならいいと考えているのだろうか?

graph04
結果は「0円」が13.8%、「1000円~3000円未満」が49.2%、「3000円~5000円未満」が11.2%、「5000円~10000円未満」が12.6%だった。男性陣と異なり「0円」が非常に少ない。平均金額は1888円で、夫が考えているよりハゲ対策にお金をかけてかまわないという結果に。つまり、2~3か月もつようなら、数千円の育毛剤を使用することも妻的にはOKということだ。しかも、それでしっかり効果が認められれば、さらに財布のヒモも緩むかも…。

今回の結果について同社は「夫が頭皮ケアや薄毛予防・対策にかけるお金を遠慮しすぎないことも、夫婦円満を保つことに繋がるのではないでしょうか」と述べている。

■調査概要
調査タイトル:夫婦愛と頭髪に関する調査2016
調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする30歳~59歳の既婚(配偶者がいる)男女
調査期間:2016年9月14日~19日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1000サンプル(有効回答から性年代が均等になるように抽出)
調査協力会社:ネットエイジア株式会社

ドクターズ頭皮診断by スカルプD
http://scalp-d.angfa-store.jp/how-to/diagnosis/

おすすめの育毛剤

  • gs01
    研究員のコメント
    薄毛や抜け毛に悩む人にオススメ。キャピキシルとピディオキシジルという二つの成分を組み合わせたのは業界初で、ノーベル賞受賞成分であるフラーレンなど、他の商品にはあ...

関連キーワード