細川たかし「かつら疑惑否定」で注目集まる「増毛町」


しばしばネット上などで噂になるのが、芸能人の「かつら疑惑」。年齢のわりに頭髪の量が多かったり、生え際が不自然だったり、頭頂部の毛が妙に浮いていたりすると、ネット上ではすぐに「ハゲを隠しているに違いない」「かつらなのではないか」との疑惑がかけられるのだ。

最近「かつら疑惑」が浮上し、話題になった芸能人といえば、演歌歌手の細川たかし(66)だ。

細川は、9月15日に放送されたテレビ朝日系『徹子の部屋』にゲスト出演。その時の髪型が、坊主頭にスッポリと乗っけられているかのような髪型に見えるとして、「かつら疑惑」がささやかれていたのだ。

hosokawa_takashi

細川たかしのヘアスタイルがネットで話題に!?

そんな細川だが9月25日に、北海道北西部・増毛(ましけ)町の増毛港中央埠頭で開催された「第45回増毛町秋の味まつり」にゲスト出演。8月24日に発売された細川の新曲『北海無法松』のなかに「増毛」という地名が登場するということで、同イベントに出演したわけだが、なんとその場で自ら「かつら疑惑」を否定したのだ。

細川によると、1回のヘアセットでスプレーを1本使い切るほど固めていたこともあり、30年ほど前から「かつら疑惑」が浮上していたというが、「私は大丈夫です」と疑惑をきっぱり否定。しかも、この日のためにもみあげやサイドをきれいに刈り上げてきたとのことで、その見事なヘアスタイルが地毛によるものだと強くアピールした。

◆増毛町の「ご当地育毛剤」が注目のマト!?

さて、今回のニュースで、ちょっと気になってしまうのが、北海道の「増毛町」という場所。実はここ、その地名からか、薄毛に悩む人々にとって“聖地”のような存在となっているようで、増毛町商工会がオリジナルのへアローション『増毛町の願い』を販売するほどだ。この『増毛町の願い』は、増毛町の伏流水を使用したヘアローションで、養毛に効果があると言われるカバアナタケエキスが入っているという。

masike20161003

『増毛町の願い』(増毛町商工会公式HPより)

さらに、JR北海道・留萌本線の終着駅となる「増毛駅」の名前が入った切符は、薄毛の人々のお守りになっているとのこと。鉄道に詳しいフリーライターはこう話す。

「聖地とまではいきませんが、その駅名を“ネタ”として楽しむ人も多いようです。たとえば、受験生に合格祈願のために南海電鉄の『学文路(かむろ)駅』や、JR四国の『学駅』などの切符をプレゼントすることがありますが、それと同様に『増毛駅』の切符を薄毛で悩んでいる人にプレゼントするということが多いみたいですね。『増毛駅』の切符は、駅近辺の売店や留萌駅などでも販売しているようです」

ちなみに、増毛の街は高倉健主演の映画『駅 STATION』の舞台にもなっている。増毛駅は同作品のロケ地にもなっており、映画の聖地巡礼として増毛駅を訪れる観光客も多いという。

そんな増毛駅だが、留萌本線・留萌-増毛間の廃止に伴い、今年12月5日に廃駅となる予定だ。

「廃止前に留萌~増毛間に乗ろうという鉄道ファンが増えているようです。これから北海道は厳しい冬となりますが、そんななかでも頑張って増毛駅に足を運ぶ鉄道ファンが続出することでしょう」(前出・フリーライター)

映画ファンだけでなく薄毛に悩む人も、廃駅になる間にぜひ増毛駅を訪れてみてはいかがだろうか?

おすすめの育毛剤

  • plantel01
    研究員のコメント
    M字ハゲに悩む男性に支持されているのが、このプランテルです。女性ホルモン作用のあるヒオウギエキスを配合し、M字型薄毛進行の原因となる男性ホルモン「テストステロン...

関連キーワード