バイオ育毛剤も登場 微生物が髪と頭皮を救う!?


微生物を利用したバイオ技術は、食品、飲料、化粧品、燃料、ごみ処理など様々な業界で活用されている。よく耳にするのは乳酸菌などの善玉菌や酵素だが、髪の毛の世界でも微生物が役に立っているという。そんな科学的な研究が進められている、バイオなヘアケア製品を調べてみた。

◆温泉から採取された藻の一種が頭皮の環境を改善

大分県別府市に本社を置く株式会社サラヴィオ化粧品。土地柄、温泉に対する研究を進めてきたが、温泉の成分ではなく、温泉の中にいる「微生物」に注目。いくつかの新種の微生物を発見した。

同社サラヴィオ中央研究所の加世田国与士所長は、こう語る。

「太古の昔から温泉は傷の治療や疲労回復、美肌など様々に利用されてきました。私たちはミネラル以外にも『何かいいものがあるはず』と考えて、微生物に焦点を当てたのです。その中で、ある酵母に注目し6万個に及ぶ遺伝子解析を行ったところ、人の発毛シグナルを制御することを見つけたのです」

M-1と名付けられたこの酵母は、発毛や脱毛の「司令塔」となる毛乳頭細胞のミトコンドリア(細胞内でエネルギーを生み出す器官)に働きかけ、エネルギーの産生を促す。毛乳頭細胞は発毛シグナルを出すために、莫大なエネルギーを必要とする。

「髪の毛にはヘアサイクルという周期があります。発毛し、成長し、やがて抜けていくわけですが、毛乳頭細胞から正しい指令が出されていないとサイクルが乱れます。正常に生えてこない、きちんと成長しない、早く脱毛してしまうといったことが起こります。M-1は細胞が健康に働くサポートをするわけですね」(加世田所長)

さらに研究を進めた結果、M-1は抜け毛を抑制する遺伝子にも働きかけることがわかったという。髪の毛の成長と脱毛予防という、育毛の二大問題を解決できる微生物といっていいだろう。

beforAfter01
M-1ミストを使う前(左)と使った後(右) 50代男性、M-1育毛ミストを塗布後、10ヵ月経過

 

同社の「温泉微生物」で、髪に関わるものはもう一つある。「RG92」という藻類(藻の一種)だ。

「2012年に新発見したRG92には、皮膚や体内の炎症を抑える成分を生み出すことがわかりました。細胞の中から出てくる炎症因子の経路をシャットアウトすることで、炎症を抑え、付随する痛みやかゆみといった症状も治まるのです。抜け毛が起こっている人は、頭皮に炎症が起こっていることがあります。そこで、炎症を抑えて頭皮の環境を改善するヘアケア製品に応用できるのではないかと考えたのです」(加世田所長)

頭皮に炎症が起こっていると、かゆみで頭を掻いて悪化させることになるし、皮脂が多い人がなりやすい脂漏性脱毛や、フケが毛穴を塞いで起こるひこう性脱毛でも頭皮の炎症が指摘されている。

m1_rg92「M-1育毛ミスト」(左)と「RG92マルチアクティブローション」(右)

 

同社ではM-1を配合した「M-1育毛ミスト」とRG92を配合した「RG92マルチアクティブローション」というヘアケア製品を開発した。化学系の育毛剤が肌に合わなかった人や、頭皮環境を改善したい人などに好評という。

◆話題の古代微生物のシャンプー

ミドリムシ(学名:ユーグレナ)」という名前を聞いたことがある人も多いだろう。虫ではなく5億年前から生息する藻類の一種で、様々な機能性成分が含まれていることが注目を集め、いくつものメディアで取り上げられている。その機能性について、株式会社ユーグレナの広報に聞いた。

「ユーグレナの特徴は、一つは高い栄養価です。ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸のほかDHA、EPAといった不飽和脂肪酸も含んでいます。栄養のバランスが非常にいいのです。もう一つはβグルカンの一種であるパラミロンという物質。これはユーグレナ固有の多糖体と見られています。動物実験ではコレステロールやプリン体を絡め取って排出する働きや、アレルギー反応を抑制することも期待されています」

euglena01「未来の食品」ともいわれるユーグレナ

 

高栄養とデトックスという、健康に貢献する攻防一体の機能があるわけだ。そのユーグレナを使って同社はシャンプーを開発した。実はこの微生物には食品以外にも優秀な働きがあることがわかっている。

「ユーグレナを加水分解して抽出した『リジューナ(TM。以下同)』という成分があります。素肌を整えてくれる働きがあり、皮膚に浸透させるとふっくらとハリ感が高まり、弾力のある肌になるのです。頭皮も皮膚ですから、リジューナ配合のシャンプーをすることで、髪が生える『地面』を健康な状態に保とうという理由から開発されました。また荒れたキューティクルのケアに役立つ点もメリットです。人為的にダメージを与えた髪にリジューナを塗布したところ、改善が見られました」

キューティクルの損傷は髪のハリやコシを失わせ、ボリューム感がなくなる要因だ。ユーグレナシャンプーのほかの成分も髪のボリュームアップに役立つ成分が含まれており、髪の元気がなくなりがちな40代以降を中心に売れ行きは好調とのこと。

euglena02ユーグレナから抽出された保水成分を配合したシャンプー(左は300ml入り、右は760ml入り)

 

また、ユーグレナには毛乳頭細胞をサポートする働きもあると期待されるため、今後も研究を進めていきたいという。

これまでは生物由来といっても、ハーブや生薬が髪に良いものとして多く使われてきた。これからは「微生物」が、新たな育毛の地平を開拓していくのかもしれない。

サラヴィオ化粧品公式サイト

ユーグレナ公式サイト

 

おすすめの育毛剤

  • iqos01
    研究員のコメント
    天然植物成分で作られ、肌に優しいのが特徴。頭皮の炎症やかゆみが気になる人にもオススメです。頭皮の雑菌を抑え、フケや痒みを防ぐグリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラ...

関連キーワード