「実はもう使ってます」早め早めの育毛剤、その心は?


育毛剤ユーザーの多く、いやほとんどは抜け毛や薄毛に悩む人たちだろう。しかし、まだハゲるにはほど遠い状態の人で育毛剤を愛用する人も存在するのだ。使用に至った動機は「予防のため」ということが多いのだが、それぞれが抱えている事情は、実はそれなりに深刻だった。

83f5c25d56166835c5d5931a243f2317_s

育毛も先手必勝!?

◆髪質を改善したいから

31歳の塚田修司さん(仮名)は、1年ほど前から育毛剤の「イクオス」を使っている。しかし、パッと見たところ髪が薄くは見えない。

「ボクの髪は一本一本がとても細いんです。女の子からは『細くて柔らかくていいね』とうらやましがられるんですが、細いということはボリューム感に欠けるということでもあります。実は以前、髪がかなり抜けたことがありました。円形脱毛症ではなかったんですが、疲れやストレスで一時的に大量に抜けたんじゃないかと思っています」

もともと細くて柔らかい髪質の塚田さん。抜け毛が起こったときに、髪の毛がものすごく減ったように見えたという。本数が減ったせいか、髪型もペタンとしてしまった。

「太くて丈夫な髪質が欲しいと思いましたね。育毛シャンプーやリンスも使ってみたんですが、もっと強力なサポートが必要だろうと思い、育毛剤を使ってみることにしました。それに、きっといずれハゲるでしょうから、その前に対策しておいてもいいだろうと」

そこで塚田さんはネットで検索したり知人にアドバイスを求めたりして、育毛剤を探した結果、「イクオス」に決めたとのこと。

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

「そのとき」になって悩む前に先手を打つ人もいる

「選んだ理由は成分や働きが自分に合っていそうだということと、リーズナブルな価格ですね。まだ本格的なハゲにはなっていないので、手の届く無理のないところから始めていこうと思ったんです。使い始めてから3か月程度で、髪がガッシリしてきたように感じました。髪の太さが変わったかというと、よくわからないんですが、手でかき上げたときに以前よりしっかりした手ごたえがあるのです」

塚田さんは、このまましばらく「イクオス」を使い続けていくつもりだという。

→イクオスについて詳しく知りたい方はこちら

◆AGA対策を早いうちに

33歳の長田洋平さん(仮名)は、3か月ほど前から育毛剤を使い始めた。その動機は「いずれ訪れるに違いないハゲを防ぎたい」ということだそうだ。

「ボクの父親、父方の祖父、母方の祖父は全員ハゲています。ハゲの程度やタイプはそれぞれ違いますが、みんなボクが小さいころからハゲていました。これはもう遺伝的にAGA(男性型脱毛症)から逃れることはできないと思うのです」

AGAの遺伝については諸説あり隔世遺伝が関係しているという説もあるが、もしそうだとしてもこのケースでは結局ハゲることになると、長田さんは不安を口にする。

「さすがにボクはまだ薄毛は始まっていないし、抜け毛が増える兆候もありません。でも恐らく、5~6年以内には何らかの前ぶれが起こるはずです。そこで今から育毛剤を使ってAGAを予防しようと考えたんです」

まるで天変地異にでも備えるような口ぶりの長田さんは、「AGA」と「頭皮環境」をキーワードに育毛剤について調査。その結果、「フィンジア」に行きついたという。

「敵がAGAということになると、それ相応の用意が必要です。できれば効果の高そうな育毛剤で備えておきたい。『フィンジア』はAGA治療薬のミノキシジルよりも、男性ホルモンなどに対する働きがあるという説明があり、自分のニーズにピッタリなのではと思いましたね」

かくして育毛剤ユーザーとなった長田さん。毎日朝と晩に「フィンジア」を頭につけ、頭皮のマッサージも欠かしていない。遺伝の運命から逃れられなくても、その「Xデー」を少しでも先に延ばしたいと語る。

→フィンジアについて詳しく知りたい方はこちら

◆頭皮環境が心配になって

大石幸喜さん(仮名)は、40歳になった今年の5月から育毛剤をつけ始めた。今のところ髪の毛はとりあえず無事である。

「2年ほど前に妻が、男性用のシャンプーとリンス、それにボディシャンプーの一式を買ってきました。見ればそれまで使ってきたものより、なんだか物々しいパッケージ。理由を聞くと、私の加齢臭が気になるからというんです」

それに関してまったく自覚がなかったという大石さんだが、奥さんが言うには頭や体から出ている汗のニオイが以前と変わってきたとか。ワイシャツの襟の脂汚れもベタベタしてきたという。

12ec961311f4f457c37d988d865f363a_s

今は問題なくても「危機」は、決して遠くないかもしれない

「妻はそんな私を心配して、シャンプーなどを中年男性の加齢臭向けの製品にしたんですね。そういえば確かに一日経った後の頭皮の脂汚れなんかは、けっこう大変なことになっていた気がします」

それを使用し、毎日頭や体を洗うようになった大石さんだが、今年の春、ふと頭皮の汚れを落とすだけでいいのだろうかと思ったそうだ。

頭皮からそんなにイヤな脂が出ているなら、毛穴も相当ダメージを受けているんじゃないかと思ったんです。ちょうど会社の同期の人間が薄毛に悩み始めていたので、私もケアをしなくてはと、育毛剤を使うことを思いつきました」

大石さんはまずは試しに、資生堂の「薬用不老林」を使ってみることにした。この製品を選んだ理由は「有名メーカーのブランド力と、以前から名前を知っていたから」という。

「とにかく実際に薄毛や抜け毛が始まる前に、二重、三重に対策を取っておくことも大切だと思います。中年になったら特に気をつけるべきじゃないでしょうか」

* * *

今はまだ髪の毛が十分ある、抜け毛もないからといって頭皮環境が万全とは限らないし、AGAはいつ始まるかもわからない。気になることがあるようだったら、転ばぬ先の杖として育毛剤を早めに使ってみるのもアリなのではないだろうか。

おすすめの育毛剤

  • cu01
    研究員のコメント
    配合されている成分数は業界最大級! 血行促進が期待されるセンブリエキスやジフェンヒドラミン、コラーゲンを保護する効果が期待されるビワ葉エキスなど、数十種類の成分...

関連キーワード