ホンキの育毛剤選びは心強い同士を味方につけるのが◎


育毛剤を選ぶにあたり、何をガイドラインにするかは人それぞれだ。薄毛、抜け毛は他人になかなか言いづらい悩みでもあるため、恐らく多くの人はネットで検索したり雑誌などの情報を頼りにしたりしていることだろう。しかし、身近な人たちからの言葉が役に立った!という声もある。どんなアドバイスを受けたのかを聞いてみた。

75f08690d3cec1517809674719c7b6c5_s

ともにハゲと闘う同士がいれば心強い

◆友と共にスタート

村上博史さん(仮名)は、35歳。額の生え際がまばらになってきていることが悩みの種だ。朝きちんとセットして出かけるので、しばらくの間は問題ないのだが、午後になってくると薄毛が目立ち始めるという。

「前髪がどうしてもパラパラしてしまいますから。昼時に会社のトイレの鏡で直すこともありますが、家でするほど丹念にはできません。夏場なんかは汗もかくので、よりハゲ感が増してしまいますね」

髪型でごまかすのは限界があると感じた村上さんは、育毛剤の力を借りるときがきたと思ったそうだ。しかし、どれを選んだらいいか皆目見当がつかないのと、育毛剤を使うことは恥ずかしいといった気持ちもまだあった。

「半年ほど前、大学時代からの古い友人と会う機会がありました。彼も早くから薄毛に悩んでいました。案の定、久しぶりに会った友人の髪は以前よりも薄くなっているようでした。そこでボクは『育毛剤を使ってみようと思う』という話を切り出したのです。すると、友人も育毛剤を使うか本格的なAGA治療を受けようか、ちょうど悩んでいたということでした」

友人は「薄毛に悩む者同士、一緒に育毛剤を始めてみよう!」と、提案してくれたという。居酒屋の一席は育毛剤選定会議室と化し、二人でいろいろな育毛剤のメーカーや評価しているサイトなどを調べた。

「成分や評判、価格とのバランスなどトータルに考えた結果『イクオス』にしました。二人ですぐにオーダーし、使い始めました。その後、お互いに進捗状況を報告しあっています。ともに髪が増えるまではいきませんが、髪が丈夫になった感じはしています。同じ悩みを持つ友人と情報を共有できるのっていいですね」

村上さんと友人はそれなりに手応えがあったことで、もうしばらく「イクオス」を使い続けるつもりだ。

iqos01-640x480

→イクオスについて詳しく知りたい方はこちら

◆上司のリアルな言葉で

40歳の大谷良太さん(仮名)は、数年前から頭頂部が薄くなってきたことを気にしていた。

「とにかく髪の毛がよく抜けるようになったんです。シャワーのときはもちろんですが、会社で仕事をしていても、いつの間にかデスクの上に抜け毛が散らばっているんです。自己流でシャンプーの際に頭皮をマッサージしたりしていましたが、それでは間に合わないと思い、育毛剤を使うことを考えるようになりました」

最近では、育毛剤は非常に多くの種類がある。成分や働きの違いだけでなく、ドラッグストアで手軽に買えるものもあれば、通信販売でしか購入できないもの、特定のヘアサロンでしか扱っていないものなど、購入方法もさまざま。

「ドラッグストアを歩き回ったんですが、ピンとくるものが見つかりませんでした。かといって通信販売のものは手軽に試すこともできませんし…。あるとき会社の上司と昼食を食べているときに冗談めかして育毛剤の話をしたら、なんとその上司は育毛剤ユーザーだったんです

そこで大谷さんはその日の夜、上司と飲みに行く約束を取り付け、育毛剤について詳しく聞くことにしたとのこと。

「単刀直入に『育毛剤について知りたい』と、お願いしたら、上司は快く受けてくれました。むしろ話したがっているほどでした(笑い)。そこで上司が使っているという『濃密育毛剤BUBUKA』についてレクチャーを受けたんですが、なにしろ話が上手いんです。最初は何を基準に選んだかに始まり、使用した実感など臨場感たっぷりに説明してくれました」

02

ネットの検索だけでわからないときは、身近な人のアドバイスが役に立つ

大谷さんの上司も髪の量は多くないのだが、ハリがあってツヤもいい。それは「BUBUKA」を使い始めて以降、そうなったということだった。

「結局ボクも『BUBUKA』を使うことに決めました。アドバイザーが上司だからということではなく実際使っている本人の説明に、とても説得力があったからです。使い始めてまだ1か月程度ですが、これからの変化に期待をしています」

bubka01-640x480

→濃密育毛剤BUBUKAについて詳しく知りたい方はこちら

◆父の言葉に背中を押され

平原誠一さん(仮名)は、31歳にして額の生え際ががかなり後退している。ちょっと前までは“自虐ネタ”にできたのだが、さすがに笑えない状態になってきたので、本格的に育毛を始めようと思ったそうだ。

「まさにトレンディエンジェルの斎藤さんのハゲ方です。ボクは芸人じゃないのでハゲを売りにできませんし、女の子にもモテたい。そこで、まずは育毛剤を使ってみようと思ったんです」

しかし、数ある育毛剤の中から何を選んだらいいのか、平原さんは途方に暮れてしまったという。

「悩んでボーッとしているボクに対し、父親が声をかけてきました。何に悩んでいるか正直に話すと、父は『俺が長年使ってきた“不老林”を使ったらどうだ?』と、アドバイスしてきました。言われてみれば父も髪は薄いものの、あまり進行していないようなんです」

そこで平原さんは、父親の言葉に従って不老林を使ってみることにした。使い始めて3か月なので劇的な変化はないものの、髪をなんとか維持できればと考えている。

hurou

「薬用不老林」3780円(税込み)

* * *

仕事でも恋愛でも髪でも、やはり大切なのは親身になってくれる身近な人間。しかも同じ悩みを抱えているならば、これほど強い存在はない。一人で抱え込まず、思い切って周囲に打ち明けてしまうことで、育毛への打開策は見つかるかもしれない。

おすすめの育毛剤

  • plantel01
    研究員のコメント
    M字ハゲに悩む男性に支持されているのが、このプランテルです。女性ホルモン作用のあるヒオウギエキスを配合し、M字型薄毛進行の原因となる男性ホルモン「テストステロン...

関連キーワード