夫や彼の「育毛生活」をサポート!女性たちの愛の応援歌


髪が薄くなってきたことに不安を覚えない男性はいないだろう。一方、そんな男性に連れ添う女性の側にとっては、それを見ているのはどんな気分なのだろうか? 夫や彼氏がこれ以上ハゲることを阻止しようと奮闘する、女性たちの愛のエールを集めてみた。

95ec982d2f5fa51f0ff3525f01d7f798_s

育毛も二人三脚で!

◆育毛剤予算を新設

37歳の矢野啓子さん(仮名)のご主人は、40歳にして額から頭頂部にかけての髪の毛がかなり薄くなっている。

「髪が薄くなり始めたのは4~5年前のことだと思います。最初のころは私も夫も気にはしていなかったんですが、1年ほど前には無視できない状況になってきたので、夫婦間で夫の髪の話もするようになりました」

矢野さんはそこで、ご主人が内緒で育毛剤を使っていたことを知ったという。聞けばドラッグストアで比較的いい値段のする製品をたびたび買っていたとのこと。

「家計は私が握っているので、夫には小遣いを渡しています。タバコも吸わず、お酒もそれほど飲まないのに、いつも金欠で変だなと思っていたら、育毛剤に使っていたんですね。私はちょっと感情的になって『そんなものを買ってたの!?』と、言ってしまいました」

落ち込むご主人を見て、矢野さんは少し反省。育毛剤について独自に調べ、ご主人に代案を持ちかけた。

「私が提案したのは『イクオス』です。働きがしっかりしていそうな育毛剤の中で、価格帯が安かったことが決め手です。夫がそんなに悩んでいるならと、小遣いとは別に家計に“育毛剤費”を設けました。落ち込んでいた夫は喜んで、イクオスが届いた日から早速使い始めました」

iqos01

「イクオス」4980円+送料(定期)

→詳しく知りたい場合はコチラ

それから1年、ご主人は一日も欠かさずイクオスをつけ続けている。

「私から見ると、夫の頭皮の状態は良くなっていると思います。少なくとも以前、夫が使っていた育毛剤よりは、いい働きをしてるんじゃないかと思います。抜け毛、薄毛に悩んでいる男性は、まずパートナーに意見を求めることを私はオススメしたいですね」

◆2人で育毛剤探し

28歳のOL、木村みどりさん(仮名)の彼氏は30歳。同じ会社に勤めているが、付き合っていることは内緒にしているという。

「彼の髪がここ最近、急に寂しくなってきた感じがするんです。付き合い始めたのは2年前からなんですが、そのころと比べてつむじの辺りの地肌がよく見えるようになってきました。私は髪があろうとなかろうと気にしないんですが、周囲の声が気になるんですよね

木村さんと付き合っていることを知らない同僚が、彼氏の髪について噂することがあるというのだ。簡単に言うと陰口だ。

「心ない同僚たちは『けっこうハゲてきてヤバいよね』とか『30歳であの頭は危険』など、好き勝手言っています。私は同調することも反論することもせず『気にしてないからわからなかった』などと言って、ごまかしていますが…」

この状況を黙って見ているワケにはいかないと思った木村さん。勇気を出して彼氏に育毛剤を使う提案をしたとのこと。陰でひどいことを言われていることは伝えなかった。

「それまで髪の話は全然していなかったので、もしかしたら彼に怒られるかなとビクビクしながら切り出しました。ところが彼は怒るどころか、自分もちょうど気にしていたから、一緒に育毛剤を探しに行こうと言ってくれたんです」

そこで2人でドラッグストアを回ったり、インターネットの口コミを調べたり、美容室でそれとなく聞いたりして情報を集めたという。ほどなく使う育毛剤は決まった。

9bca078307c63ea3cfbc032c49889c6e_s

薄毛の話題を、パートナーをいかに傷つけずに伝えるかは悩みどころ

「彼が育毛剤を使い始めて3か月が経過しました。まだ髪が生えてきたという感じはしないんですが、髪質が良くなってきたように見えます。彼は『2人で選んだものだから、しばらくがんばってみる』と言ってくれています。私も同僚の陰口に悩まされることなく前向きにいこうと思います」

◆彼を熱心に説得

島田早紀さん(仮名)は32歳。彼氏は2歳年下で、バンドを組んでいる。

「彼はIT系のサラリーマンのかたわら、音楽活動をしています。よくある“社会人バンド”なんですが、まだプロになる夢は持っているみたいです。仕事が仕事なのでドレスコードは厳しくなく、髪も長めに伸ばしています。でも最近、ちょっと髪が心配になってきたんですよね」

彼氏の髪の分け目が広がってきているのだと、島田さん。多少地肌が見え始めている程度なら気にならないのだが、伸ばした髪の重量で引っ張られ、薄毛が目立つというのだ。

「彼はそのビジュアルがアイデンティティだから当面、髪型は変えないつもりだといいます。パーマをかけたりハードジェルを使ったりすることで体裁を保ってはいますが、絶対量が不足したら、どんなごまかしも効きません

そこで島田さんは、彼氏に育毛剤を使うことを提案した。最初は「育毛剤を使うなんてロックじゃない」と抵抗していたそうだが、「なくなっては元も子もない」という島田さんの熱心な説得で気持ちが動き始めたそうだ。

「いまはどの育毛剤にするか悩み中だそうです。私も成分や効果についていろいろと調べているところです。ドラッグストアで買えるものよりも、定期購入で届けてくれるものがいいんじゃないかと提案しています」

→定期購入できる注目育毛剤はコチラ

* * *

抜け毛、薄毛はパートナーにとっても悩みの種になることもある。一人で悩まず、二人三脚で「毛活」に励むのもオススメだ。

おすすめの育毛剤

  • iqos01
    研究員のコメント
    天然植物成分で作られ、肌に優しいのが特徴。頭皮の炎症やかゆみが気になる人にもオススメです。頭皮の雑菌を抑え、フケや痒みを防ぐグリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラ...

関連キーワード