育毛剤ルーキーを直撃!「なぜその育毛剤を選んだんですか」


育毛剤は、薬局やドラッグストアの棚を何段も占めるほど多くの種類が出回っている。インターネットで検索しても、やはり多種多様な育毛剤がヒットする。技術の進歩により抜け毛の原因や解析が進み、髪の毛や頭皮に効果の高い成分がわかってきたからだ。メーカー各社とも何を配合し、どんな比率でブレンドするかで特長をアピールしている。さて、では育毛に励む人たちは、お気に入りの育毛剤をどういった視点で選んだのだろうか? 詳しく聞いてみた。

a11d690ca049af4785ad4f391114552e_s

育毛剤選びの重要ポイントはどこか?

◆成分の強さにひかれて

熊谷道彦さん(仮名)は33歳。育毛剤を3か月前から使い始めた。20代のころに比べて、抜け毛が目立ち始めたからだという。

「髪を手ぐしでかき上げると、何となく心もとないんです。指に当たる髪の量が少なくなったんでしょうね。そこで、ボクが選んだ育毛剤は『濃密育毛剤BUBUKA』です。“濃密”というフレーズと、育毛剤以外にサプリやシャンプーなどトータルに用意されている点が気に入ったんです。購入を決めるにあたり当然、いくつかの育毛剤を比較しました。その中で、『BUBUKA』はミノキシジルに近い働きを持つ成分が、非常に多く配合されているということに興味をひかれました」

bubka01

「濃密育毛剤BUBUKA」5980円(定期初回)

→詳しく知りたいときはコチラ

髪全体のボリュームが低下してきたことに悩んでいた熊谷さん。実際使ってみた感想はどうだったのだろう。

「まだ3か月なので『髪が生えてきた!』というような感覚はないんですが、髪がしっかりしてきたと思っています。触ったときに前よりも丈夫になったと感じています。以前から生えていた細い髪は抜けますが、太いほうの髪は抜けているように思えないんですよね」

アルコール分が少なく頭皮への刺激が小さいこともあって、熊谷さんは「BUBUKA」をもうしばらく試してみるつもりだ。

◆気持ちよさそうだったから

29歳の渡辺伸二さん(仮名)は、数か月前から育毛を始めた。理由は頭頂部から薄くなり始めたように感じたからだ。

「ボクの頭をパッと見て、『それほど薄くなっていないじゃん』と感じる人は多いと思います。でも、シャワーを浴びたり汗をかいたりして髪に水分がつくと、薄くなってきていることがわかるんです。父親も若いときから抜け毛が始まったそうなので、恐らく遺伝。それと、ボクは頭がかゆいことがよくあるので、無意識にかいたりしていたのもよくなかったかもしれません」

渡辺さんは特に、頭頂部の頭皮にかゆみを覚えることが多かったという。頭をかくことをくりかえしたため、頭皮や毛根を傷つけてしまったのではないか…?と、心配する。

「そこで育毛剤を使ってみようと思ったんです。ボクが選んだのは『サクセス 薬用育毛トニック』です。これは頭皮に吹きつける炭酸のスプレーです。広告を見たときに『泡がシュワシュワして気持ちよさそうだな』と思いました」

sacsses

「サクセス 育毛トニック」180g 1000円前後(実売価格)

そこで早速サクセスを購入した渡辺さん。実際に頭皮に噴射してみたところ、刺激が気持ちよく、爽快感もあったという。

「かゆみが出たときに、頭をかく代わりにスプレーすることもあります。といっても、一日せいぜい3~4回程度ですが。殺菌作用もある育毛剤ですし、爪を立ててかくよりいいかなと思っています」

◆友人の髪を見て

青田雄大さん(仮名)は40歳。頭頂部が薄くなってきていることが気になり、4か月前から育毛剤を使うことにした。

「以前は育毛剤に否定的でした。『育毛剤を使ったら負け』みたいな(笑い)。でも昔からの友人が使っていると知り、抜け毛対策はやっぱりしたほうがいいのかな?と思うようになったんです。そこで友人が使っているという『イクオス』にしました。実際、友人の髪の毛はすごく元気でしたから」

青田さんは定期購入をオーダーし、朝の出勤前と、夜の風呂上りに忘れずにつけるようになった。

iqos01

「イクオス」4980円+送料(定期)

→詳しく知りたい場合はコチラ

一番変わったのは、フケやかゆみが治まってきたことですね。イクオスには炎症を抑えたり、皮脂や毛穴を守ったりする成分が豊富に含まれているそうですから、それが功を奏したのかもしれません。ボクは汗かきなので放っておくと雑菌の温床になりそうですし、夏になって以来、いっそう念入りにつけるようにしています」

青田さんの場合は、髪をしっかりと維持している友人の実例を見ていたことが購入の動機となったようだ。体感もいいことから、当面「イクオス」を使っていくとのことだ。

◆メーカーのブランド力に注目して

30歳の相沢武司さん(仮名)は、額がM字にハゲてきていることが悩み。それに気づいてからはスポーツ刈りのように短くして、目立たないようにしている。

「髪を伸ばしていると、むしろ前髪が少なくなっていることが丸わかりになってしまうんです。他人から見てハゲが目立たないようにはしましたが、このまま髪が抜けるのを黙ってみているワケにはいきません。そこで育毛剤を使ってみようと思い、2か月ほど前からバスクリンの『モウガ漲(ミナギ)』を使い始めました」

相沢さんが一番気になったのは価格とのバランスという。あまり安いものは不安が残り、高いものだと効果が見られなかったときの経済的ダメージが大きいからという。

mouga

「モウガ 漲」120ml 5000円前後(実売価格)

「『モウガ』はドラッグストアで3000円程度ですし、メーカーがバスクリンというよく名前を聞く企業ですから、価格と製品の質のバランスは問題ないだろうと。主成分が生薬というのも、髪や頭皮に優しい印象を受けました」

購入してからは毎日、朝晩欠かさず『モウガ』をつけているという相沢さん。結果はまだのようだが、「育毛剤で髪をいたわると、気持ちが高揚してくる」とのことだ。

* * *

誰でも新しいことを始めるにあたっては、最初は不安なものだ。今回話を聞いた育毛剤ルーキーたちは、それぞれの動機で育毛剤を選び、試し、希望を持って走り始めている。何か月かしてから、彼らの「毛活」がどれだけ進んでいるか、再度聞き取りをしてみたい。

おすすめの育毛剤

  • gs01
    研究員のコメント
    薄毛や抜け毛に悩む人にオススメ。キャピキシルとピディオキシジルという二つの成分を組み合わせたのは業界初で、ノーベル賞受賞成分であるフラーレンなど、他の商品にはあ...

関連キーワード