育毛リアル体験談「私が育毛剤を替えた理由」


より良いものを求めたい、より自分に合ったものが欲しいと考えるのは人間の性。育毛剤についても同じことがいえるかもしれない。長年、育毛剤を使ってきた人が別の製品に乗り替えることもあるわけだが、それはどんな理由からなのだろうか? リアルな声を聞いてみた。

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496_s

自分に合ったもっといい育毛剤はある?

* * *

◆7品目で出合った希望の一点

46歳の井川晴彦さん(仮名)は、育毛剤使用歴5年以上のベテラン。アラフォーのころから頭頂部が寂しくなり始め、次第にハゲは勢力を拡大。40歳ですでに頭頂部から前頭部まで、かなり薄くなってしまっていたという。現在の髪型は、ハゲが目立ちにくいようにスポーツ刈りのようにしている。

「そこまで来ると『もう手遅れかな…』とは思ったんですが、『まだイケる』という気持ちも心のどこかにありました。何とかできるかもしれないと、育毛剤を使い始めたわけです。誰に相談するわけにもいかないので、ネットや雑誌の広告などで見た育毛剤について独自に調べ、どれにするか決めました

井川さんによると「どの製品も効きそう」に見えたので、最終的にはネットの検索で上位に来ていた育毛剤を選んだとのこと。評判も悪くないようだったので、その製品を使い始めた。

「こういったものは、そうそうすぐに効果が表れるものではないと割り切っていましたから『最低半年は続けよう』と思いました。香りも感触もよく、つけているといい感じではあったのですが、半年経っても髪には変化があるようには感じませんでした」

32fcf2c6be2cd08af8063377be8d6d19_s

効果を見ながら一定のスパンで育毛剤を変えてみるのもアリ

そこで井川さんは別の育毛剤に変えてみることにした。最初に育毛剤を使い始めたときに、第二候補として考えた製品だ。これも、半年を目安に効果を検証することにしたという。

「しかし残念なことに、その育毛剤も目立った効果は見られなかったんです。成分や使用者の声などを見ると、いい働きがあるはずなんですが、私には合わなかったのかもしれません」

それから井川さんは、半年試しては様子を見て別の製品に変えるというサイクルで、各種の育毛剤を使ってきた。そして3年目に転機が訪れたという。

通算7本目となる育毛剤だったんですが、それまで使ってきたものと違い、髪質が変わってきたことを実感したんです。触ってみると毛の一歩一本が太くなっているというか…。新たに生えてくるかどうかは未知数ですが、これにかけてみようと考えました」

それから2年経つが、井川さんはその育毛剤を使い続けている。髪の本数は一進一退のようだが、丈夫な髪になったことで希望を持つことにしたという。

◆経済性を重視したらそれが当たり

北沢浩史さん(仮名)は、31歳のサラリーマン。もともと髪にコシがなく、いわゆる“猫っ毛”だったという。

「20代後半から抜け毛が増えました。髪にコシがないのと、セットしても髪の性質上、午後にはまとまりがなくなってしまい、薄毛が際立つようになってきたんです。そこで思いついたのが育毛剤を使うこと。いまから2年近く前のことです」

北沢さんは育毛剤についてネットでいろいろ検索。育毛剤と育毛シャンプーのセットを購入し使うことにした。

「ところが、何か月経ってもあまり変化がなかったんです。けっこういい値段のする商品だったので、残念な気持ちになりました。そこでもう少し安い価格帯の育毛剤に変えました。変更の理由は、僕の場合は経済的な問題ってことですね」

最初に使った育毛剤よりは安い育毛剤だったが、それが意外と良かったと北沢さんは話す。

02-2

自分に合っていれば価格は関係ない?

「猫っ毛が改善して、髪の毛自体もしっかりとしてきたんです。おかげで髪がバラつかなくなって、薄毛が目立たなくなってきました。値段の高さと効果が比例するわけではなく、育毛剤には使う人との相性があるのかもしれません

◆プロの意見に従ってチェンジ

「育毛剤を使い始めて半年ですが、僕の場合は他人からのアドバイスが変更の理由でした」

そう話すのは宮田圭司さん(仮名)、38歳。客観的に見ればハゲといえるほどではないと自己分析するが、額のあたりが寂しくなってきていることを実感しているそうだ。

「そこで半年前から育毛剤を使うことにしたのです。製品はあまり深く考えずに、フィーリングで選びました。使用法をよく読んで毎日、朝晩おでこのあたりをメインにつけて頭皮ケアをしていました。でも数か月経っても効果があるように思えなかったんです」

そこで何か別のものに変えてみようと考えた宮田さん。ドラッグストアで物色しているうちに、男性店員に「何かお探しですか」と話しかけられた。育毛剤を探しているというと、その店員も育毛剤を使っているという。

「同病相哀れむというか…(笑い)。意気投合してしまい、店員さんのオススメの育毛剤にチェンジすることにしました。プロの言うことを聞いてみようと思ったのです」

それがつい1か月ほど前のこと。まだ効果が表れるような段階ではないが、宮田さんはしばらく新しい育毛剤で髪のケアを続けてみようと考えているそうだ。

* * *

最初から相性のいい育毛剤に出合う人もいれば、紆余曲折の末に「これだ!」というものにたどり着く人もいる。結婚や就職ではないが、育毛剤も人によって「マッチング」が重要な部分があるのかもしれない。ちょっと使って効果がないとあきらめかけている人は、さまざまな製品を試してみるのも手かもしれない。

おすすめの育毛剤

  • finjia01
    研究員のコメント
    キャピキシルを5%、ピディオキシジルを2%と高配合したのは業界初です。キャピキシルは、AGA治療にも使われているミノキシジルと同等以上の効果があるともいわれてい...

関連キーワード