すべて地毛だった! トランプ大統領、育毛剤の服用が明らかに


世界中の注目を集めているアメリカのドナルド・トランプ大統領。“アメリカ・ファースト”を貫く、強硬な姿勢も話題だが、どうしても気になってしまうのが、あの独特な髪型だ。

そんななか、長年トランプ大統領を診てきたという医師が、トランプ大統領の髪の毛の秘密を明かした──。

トランプ本番_20170215

イラスト/アフロ

つい最近までトランプ大統領の主治医を務めていたというハロルド・ボーンスタイン氏はニューヨーク・タイムス紙のインタビューにこたえ、トランプ大統領がフィナステリドを服用していたことを明らかにしたのだ。

フィナステリドは「プロペシア」の商品名で知られる薬品。もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発され、後に男性脱毛症(AGA)治療に効果があることがわかり、育毛剤として認可されるようになった。

男性ホルモン「テストステロン」から体内で作られる「ジヒドロテストステロン」が原因物質といわれているのがAGA。フィナステリドは、テストステロンからジヒドロテストステロンを作るための酵素「2型5-α還元酵素」の働きを阻害、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することでAGAを治療するのだ。

◆主治医が明かした“トランプヘア”の秘密

AGA治療薬としては、もっとも有名なものといえるフィナステリドだが、医療用医薬品であり、医師の処方がないと服用することはできない。また、AGA治療薬なので、成人男性しか使用できないことになっている。さらに、性欲減退や勃起不全、乳房肥大などの副作用の可能性もあるといわれている。

ボーンスタイン氏は1980年くらいから最近までトランプ大統領の主治医を務めていたとのことだが、トランプ大統領がフィナステリドを服用し始めた時期は不明。ちなみに、現在の妻であるメラニア・トランプとの間にもうけた唯一の子供であるバロンくんは現在10歳。トランプ大統領は、少なくとも10年から11年前の時点では、EDなどの副作用はなかったといえるだろう。

前述のボーンスタイン氏のインタビューによると、トランプ大統領のあのフサフサヘアは、いまなおすべて地毛であるという。医師の処方がないと使うことができない医薬品なので、決して気楽に服用することはできないが、フィナステリドの効果は抜群といえそうだ。

※参考ページ
Donald Trump’s Longtime Doctor Says President Takes Hair-Growth Drug – The New York Times

おすすめの育毛剤

  • plantel01
    研究員のコメント
    M字ハゲに悩む男性に支持されているのが、このプランテルです。女性ホルモン作用のあるヒオウギエキスを配合し、M字型薄毛進行の原因となる男性ホルモン「テストステロン...

関連キーワード