贈り物にもおすすめ 「かっさ」を使ったお手頃スカルプ家電


最近よく耳にする「かっさ」は中国を起源とする、「刮さ(かつさ)板」を使って心地よい圧力で皮膚表面を擦こすり刺激する美容法だ。すっきり感や美容効果が得られることから、日本でも注目を集めており、美容家電にも取り入れられ始めている。

◆かっさヘッドスパを自宅のバスタイムで

パナソニック

パナソニックはシャンプーをしながら手軽にヘッドスパが楽しめる「頭皮エステ」シリーズに、かっさヘッドスパを可能にした『EH-HE98』をラインナップ。硬めの触り心地の「かっさブラシ」を装着した状態で「KASSAモード」を使うと、ブラシが力強い動きで回転して髪と地肌をすり抜け、イタ気持ちいい感覚ですっきり洗い上げてくれるのだ。

軟らかくやさしい洗い心地の「ノーマルブラシ」を使えば、通常のヘッドスパも可能だ。KASSAを含む4モードと組み合わせれば、気分に合わせて使い分けられるのが嬉しい。4つそれぞれが独立して動くブラシ部の動きはヘッドスパサロンのハンドテクニックに学んだもの。頭皮に密着して引き上げるような指遣いを再現し、より良い地肌環境作りに活躍してくれる。

◆髪を乾かしながらかっさで頭皮ケア

シャープ

一方、シャープは「かっさアタッチメント」で頭皮ケアができるヘアドライヤー『プラズマクラスタースカルプエステ IB-GX9K』を発売。本体の吹き出し口に取り付けるこのアタッチメントは、頭皮をつかむような形状のマッサージ部と、プラズマクラスターイオンの高濃度空間を作るクリアカバー部で構成されている。まずはアタッチメントを外した状態でヘアドライ。その後、アタッチメントを付けて、髪の生え際から頭頂部に向けてすり流すように動かし、約50度の温風または冷風とともに頭皮を心地よく刺激。クリアカバー部で風を閉じ込められるので、プラズマクラスターイオンをしっかりと届け、効率よく頭皮ケアができるという仕組みだ。

プラズマクラスターイオンは新たに頭皮のうるおい保持、皮脂バランスの調整、ふけ・かゆみの抑制、3つの効果が実証され、頭皮環境改善効果への期待も高まる。

今や髪の悩みは男女共通の悩み。少し値が張り購入を迷う時は、「一緒に使いましょ」と共用することを口実に、おねだりするのもありかもしれない

※女性セブン2016年12月22日号

おすすめの育毛剤

  • bubka01
    研究員のコメント
    業界初のノンアルコールにこだわった育毛剤なので、ニオイが全くしないのが特徴。接客業など業務上、ニオイが気になる方にもオススメです。

    ...

関連キーワード