ヘルメット型育毛マシンが登場! 赤色LEDの効果とは?


家庭でできる育毛というと、やはり育毛剤がメイン。さらには食事を変えてみたり、生活習慣を変えてみたり…などの方法もあるが、いずれにしろ“体の内側”からのケアが主流となっている。

その一方で、“体の外側”からの育毛ケアというと、何らかの形で頭皮に刺激を与えるタイプのものが多く、高価な機器を使うケースも。そうなるとなかなか家庭では難しく、育毛サロンや育毛専門の医療機関などで施術することとなる。

しかし、そんななか、家庭で“体の外側”からの育毛ケアをするための“マシン”も存在しているのだ。

アデランスは11月23日、ヘルメット型の育毛ケア機器『ヘアリプロ LED プレミアム』を発売した。価格は税込みで14万5800円。アデランスのオンラインショップなどで販売している。

ヘアリプロLED

アデランスから発売された『ヘアリプロ LED プレミアム』(公式HPより)

この『ヘアリプロ LED プレミアム』は、赤色LEDを頭部に照射するマシン。本体の重さが560gと従来品よりも軽くなっており、首に負担をかけることなく、日常的に育毛ケアができるという。ぱっと見た感じは、自転車のヘルメットのような雰囲気で、なかなかスタイリッシュなフォルムとなっている。

赤色LEDを活用した育毛ケアは、アデランスだけでなく、いろいろな育毛サロンで行われている。『ヘアリプロ LED プレミアム』と同様の製品も、いくつか発売されているのだ。

◆赤色LEDが育毛に効く理由とは?

では、赤色LEDがどうして育毛効果を発揮するというのだろうか。

レーザー光線がシミとりやニキビ治療など、皮膚の治療に使われていることは一般的に知られているが、そのレーザー治療を応用して、開発されたのが赤色LEDによる治療だ。

そもそも、赤色LEDはスキンケアに活用されていた。赤色LEDから発せられる赤色光には、肌の新陳代謝を高めたり、炎症を抑えたり、コラーゲン生産能力を高めたりする効果があるとされている。

そして、LEDから発せられる光のなかでも、赤色LEDの光(赤色光)は、青色光や緑色光に比べて、皮膚下の深い部分にまで到達しやすいという特徴がある。育毛ケアにおいては、この点がとても重要なのだ。

というのも、抜け毛を防ぐためには、まず毛根の最深部にある毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化させなくてはならない。しかし、青色光や緑色光は、光が深く進まないため、その毛母細胞や毛乳頭細胞に到達しないのだ。その一方で、赤色光は毛母細胞や毛乳頭細胞にまで光が到達。その結果、細胞を活性化することができるというわけだ。

また、LEDの場合、発熱が少なく安全性が高い。消費電力が少ないというメリットもある。

赤色LEDによる育毛ケアはサロンで行うのが一般的。『ヘアリプロ LED プレミアム』のような家庭用機器はまだまだ少なく、かつ高価であるのが現状だ。「誰もが簡単にお家でLED照射!」という時代はもうちょっと先になりそうだ。

【参考】
ヘアリプロLEDプレミアム

おすすめの育毛剤

  • iqos01
    研究員のコメント
    天然植物成分で作られ、肌に優しいのが特徴。頭皮の炎症やかゆみが気になる人にもオススメです。頭皮の雑菌を抑え、フケや痒みを防ぐグリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラ...

関連キーワード