育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

育毛剤・発毛剤・養毛剤は何が違う?効果も違うのか

育毛剤・発毛剤・養毛剤は何が違う?効果も違うのか

「いろいろ種類があってどれが一番自分に合っているのかわからない」と育毛剤選びに苦労している方も多いのではないでしょうか。

そもそも抜け毛や薄毛対策として有効なものは大きく分けて育毛剤、発毛剤、養毛剤の3種類ありますが、これらはそれぞれ特徴や期待できる効果効能が異なります。

今回はこれらの違いやそれぞれの特徴などを詳しく紹介していきたいと思います。

※最後に当サイトで人気の男女別育毛剤をご紹介しています。先にご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

プランテルEX

育毛剤・発毛剤・養毛剤はそもそも商品としての分類が違う

育毛剤を持つ男性

育毛剤と発毛剤、養毛剤はそもそも商品としての分類が異なります。ここでは薬機法(旧薬事法)の観点から育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いを見ていきましょう。

薬機法では医薬品、医薬部外品、化粧品の3種類に分類される

薬機法上では医薬品、医薬部外品、化粧品の3種類の分類がなされます。まず医薬品とは病気の治療や予防を目的とする薬剤のことです。基本的には厚生労働省から認可を受けたものだけが対象となります。

また、医薬品には医師から処方された医療用医薬品と、ドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品の2種類があり、一般用医薬品はさらに第一類~第三類まで3種類に分けられています。このうち第一類医薬品が最も効能が高く、同じようにリスクも高いことから薬剤師に処方してもらう必要がある薬剤です。

第二類、第三類医薬品に関しては効能やリスクが比較的少ないため、薬剤師ではなく登録販売者でも販売することが可能です。

一方で、医薬部外品とは厚生労働省が効能を認めた成分が配合されてはいるものの、病気の予防しか期待できない薬剤のことを指します。医薬部外品の場合、基本的には病気への治療は認められていません。薄毛対策の観点で言えば、発毛は期待できないけれど育毛や抜け毛予防は期待できるものと言えるでしょう。

最後に化粧品は毛髪や皮膚を健やかに保つことを目的としている薬剤のことを指します。薄毛対策のなかでは毛髪ケアを目的としたものやシャンプーなどがあてはまります。

発毛剤は医薬品

発毛剤は毛母細胞に直接働きかけ、発毛を促すという強い効果があるものなので、医薬品に分類されることが多いです。効果が高い分、薬事法で認可されている薬効成分が使用されているため、個人差はありますが副作用が発生するリスクもあります。

また、医薬品である発毛剤は購入するのに処方箋が必要だったり、ドラッグストアで薬剤師の方から説明を受けなければいけなかったりと、基本的には購入に制限があるので注意しましょう。

育毛剤は医薬部外品

育毛剤は医薬品ほど即効性はないものの、厚生労働省に認可された有効成分を含んでいるため、医薬部外品に分類されるものがほとんどです。発毛剤のように「毛を生やす」という強い効果は見込めませんが、脱毛の予防や毛の保護を目的に作られている製品となります。

育毛剤の場合、ドラッグストアやインターネットショップなどから購入が可能です。ただ、市販の育毛剤の中には有効成分をあまり含んでいないのにもかかわらず「医薬部外品」として販売されているものもあります。こういった製品と差別化するために、有効成分を多く含んでいる育毛剤は「薬用育毛剤」と明記しているものもあるので、購入する際はチェックしてみると良いでしょう。

養毛剤は化粧品

養毛剤は有効成分が含まれていないため、化粧品に分類される製品がほとんどです。頭皮のコンディションを整えるための成分が配合されているものが多いので、薄毛などへの効果も発毛剤や育毛剤と比べて緩やかと言えます。

育毛剤・発毛剤・養毛剤ではうたえる効果効能が違う

男性医師

ここまで紹介してきたように、育毛剤・発毛剤・養毛剤はそれぞれ配合されている成分の特徴が異なるため、商品として分類が異なります。そして成分が異なるということは、当然ではありますが効果効能の強さや特徴も違います。

新しく毛を生やす効果が期待できる発毛剤

発毛剤には毛乳頭細胞に直接働きかけることでヘアサイクルを正常に戻し、発毛と成長を促す効果が期待できます。つまり簡単に言えば、毛のないところに毛を生やし、強くたくましい毛髪へと成長させる効果があるということです。そのため、「髪の毛を増やしたい」「薄毛が目立ってきたのでどうにかしたい」という方には発毛剤の方が効果的と言えます。

発毛剤は育毛剤や養毛剤に比べて薄毛への効果は抜群ですが、効果が高い分副作用のリスクもあるので使用には注意が必要です。しっかりと使用方法を守りながら塗布していく必要があります。

薄毛・抜け毛の予防や頭皮ケアの効果が期待できる育毛剤

育毛剤には髪の毛の成長を促す成分や頭皮を健康に保つための成分が主に含まれています。特に頭皮ケアに有効な成分が多く含まれているため、ふけ・かゆみなどの頭皮トラブル改善に効果が期待できます。また、頭皮の血行が良くなり栄養が順調に運ばれることで、抜けにくい健康的な毛髪を育てる効果が期待できるため、薄毛や抜け毛予防にも有効だと考えられます。

頭皮環境を整える効果が期待できる養毛剤

養毛剤には髪に有効な栄養成分や皮脂の過剰分泌、ふけの発生を抑制する作用がある成分が含まれていることが多いので、継続して使用することで薄毛対策や頭皮環境改善などの効果が期待できます。ただ、発毛そのものへの有効性はないので注意しましょう。

フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルは発毛薬

実験する医師

発毛薬には塗布するタイプの外用薬と内服薬の2種類があります。ここでは内用薬として認可されているフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルと、3種の発毛薬の特徴を紹介していきたいと思います。

フィナステリド(プロペシア)

フィナステリドはアメリカのメルク社がAGA治療薬として開発した成分です。すでに60カ国以上で認可されており、日本でも2005年12月に販売を開始して以降、AGA治療を行っている多くのクリニックで処方されています。

フィナステリドはAGAの原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」が作られるのに必要な5α還元酵素の働きを阻害することで、DHTの発生を抑制する作用がある成分です。これによりヘアサイクルを正常に戻し、発毛を促す効果が期待できます。

1日1回の内服を続けると、6カ月~1年後には抜け毛の減少や髪のボリュームアップなどの効果が実感できると言われています。このようにAGA治療薬としては高い効果が期待できるのですが、まれに副作用が起こる可能性があるのも事実です。臨床実験では実際にリビドー減退や勃起不全などの副作用が起こる可能性があることが明らかになっています。

また、フィナステリドは肝臓で代謝される内服薬であるため、肝機能障害がある方は服用することができないほか、女性への効果が認められていないため女性の服用もNGです。不安な方は事前に医師に健康状態をしっかりと相談するようにしましょう。

ちなみにフィナステリドという名前で処方されている内服薬は、プロペシアのジェネリック医薬品として販売されているAGA治療薬となります。有効成分や効果効能は全く同じですが、ジェネリック医薬品であるフィネステリドの方が安価で購入することが可能です。

デュタステリド(ザガーロ)

デュタステリドとはAGA治療薬の有効成分にひとつで、ザガーロという内服薬に含まれています。フィナステリドと同じように5α還元酵素の働きを阻害する作用がありますが、フィナステリドがI型のみに作用するのに対して、デュタステリドはI型およびⅡ型の5α還元酵素を阻害することが可能です。そのため、フィナステリド以上の強力な効果が期待されています。

デュタステリドは継続して服用することで、6カ月くらいで効果が実感できる傾向にあります。フィナステリドと同じく肝臓で代謝される特徴があるため、肝機能障害がある方は服用できません。また、女性や20歳未満の方への安全性や有用性が認められていないため、成人男性しか服用することができません。

ミノキシジル

ミノキシジルは血行を促進させることで髪に栄養を届けやすくする作用と、毛母細胞を活性化させて発毛を促すという2つの作用があります。フィナステリドやデュタステリドのようにAGAの原因物質であるDHTに作用する薬ではないので、AGA以外の薄毛に悩む方や女性にも効果が期待できます。

また、ミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類がありますが、発毛剤として認可されているのは外用薬のみとなります。ただ、AGAクリニックによっては内服薬を扱っているところもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

一般的に内服薬の方が血流にのって細胞まで届くため、外用薬よりも高い効果が期待できますが、その分副作用が発生するリスクも高い傾向にあります。実際にミノキシジルには頭皮のかぶれ・かゆみ、頭痛、動悸(どうき)などの副作用が確認されているので、服用する際は注意しましょう。

ちなみにミノキシジルが含まれている外用薬の発毛剤はドラッグストアでも購入が可能です。国内製品ならリアップやスカルプD、リグロEX5、国外製品ならロゲインやポラリスなどにミノキシジルが含まれています。

今話題を呼んでいる成分はリデンシルとキャピキシル

試験管とスポイト

最後に上記で紹介した3つの有効成分以外に、今ヘアケア業界で話題を呼んでいる2つの成分を紹介していきたいと思います。

リデンシル

リデンシルはスイスのインジュケム社(現:ジボダン社)が開発した成分です。世界最大の化粧品原料展示会「インコスメティック」で銀賞を受賞したことで、一躍世界中から注目を集めました。

リデンシルはジヒドロケルセチングルコシド(DHQG)と没食子酸エピガロカテキングルコシド(ESCG2)などの成分を組み合わせた成分です。髪の毛の元となる毛母細胞を作り出すバルジ領域に働きかけることで毛母細胞自体を増やし、育毛を強く促します。

また、リデンシルは天然由来の成分であるため、副作用などが一切ありません。AGAに特化した成分ではないため、女性も使用できることも注目を浴びる理由の一つかもしれません。

キャピキシル

キャピキシルはカナダの化粧品メーカーであるLUCAS MEYER COSMETICS(ルーカスマイヤーコスメティックス)社が開発した天然由来の成分です。薬用ハーブの一種であるアカツメクサ花のエキスと細胞活動を活性化させる成長因子であるアセチルテトラペプチド-3を組み合わせた成分で、AGA治療への高い効果が期待できます。

発毛効果はミノキシジルよりも高いことは実験結果で明らかになっており、その差は3倍にまで及ぶと言われています。また、キャピキシルはミノキシジルと違って天然由来の成分であるため、副作用などのリスクはほとんどありません。

おわりに

いかがでしたか?育毛剤・発毛剤・養毛剤はどれも同じように見える方も多いかもしれませんが、実は含有成分や副作用の有無、効果効能はそれぞれ異なります。特に発毛剤は使用するにあたって副作用が起こるリスクも0ではないので、使用方法を守って安全に服用・塗布するようにしましょう。ぜひ参考にしてください。

男性人気No.1は絶大な人気を誇る「プランテルEX」

薬用プランテルEX

スカルプケアサロンや毛髪診断士、製薬会社など育毛のエキスパートたちが共同開発して生まれた「プランテルEX」は人気の育毛剤です。特許出願成分ペブプロミンαやセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など、発毛効果が高いものを各種最適な割合で配合しており、さらに保湿や血行促進、育毛効果などが期待できる最高濃度リデンシルを5%も配合しています。

女性人気No.1は無添加のマイナチュレ

マイナチュレ_メインイメージ

マイナチュレはデリケートな女性の頭皮に配慮して、無添加にこだわって作られた女性用育毛剤です。香料や着色料など、頭皮への刺激となりやすい11種類の添加物は一切配合されていないため、敏感肌の方でも安心して使用できます。薬剤自体はべたつかず、サラッとしているので、使い心地にも定評があります。

配合されているのはセンブリエキス、グリチルリチン酸、酢酸DL・α・トコフェロールの3種類の育毛有効成分で、すべて厚生労働省で承認されている安全なものです。そのほか育毛サイクルを支える27種の天然成分と10種類のアミノ酸がバランスよく配合されています。