育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

女性の薄毛・抜け毛の原因と脱毛症の種類、対策方法

薄毛や抜け毛に悩んでいるのは男性だけだと思ってはいませんか?実は髪の毛のボリュームダウンや薄毛、抜け毛に悩んでいる女性は年々増加傾向にあります。また、女性と男性では薄毛や抜け毛の原因や種類、対処法なども異なるので、まずは自分の症状の原因は何なのかを知ることが大切です。今回はそんな女性の薄毛や抜け毛の原因や脱毛症の種類、対策方法などを詳しく紹介していきたいと思います。

※記事の最後に当サイトで人気の女性用育毛剤をご紹介しています。先にご覧になりたい方は「当サイトおすすめの女性用育毛剤はこれ!」までジャンプしてください。

マイナチュレ

●女性に多い薄毛・抜け毛の原因

女性に多い薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛や抜け毛は男性のように、局所的に発生するのではなく、徐々に毛髪全体が薄くなっていき、髪の分け目やつむじが目立つようになってくるケースがほとんどです。では、女性の薄毛や抜け毛の原因とは何なのか、考えられる要因をいくつか紹介していきたいと思います。

ホルモンバランスの乱れ

女性の薄毛・抜け毛の原因のひとつにホルモンバランスの乱れ、とりわけ女性ホルモンの減少が考えられます。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには髪の成長を促進し、健康的に保つ作用があるため、ホルモンバランスが崩れると髪の成長が順調に促されなくなり、抜け毛や薄毛を引き起こす可能性があるからです。

エストロゲンは肌を美しく保つ作用もあるため、女性にとってホルモンバランスを乱さないようにすることは大切ではあるのですが、実はそれはとても難しいことでもあります。と言いますのも、女性ホルモンは20代~30代前半のピークを過ぎてからは、加齢に併せて分泌量がどんどん減っていく傾向にあるからです。

また、ホルモンバランスの乱れは日々の食事や生活習慣の影響も受けやすいため、不規則な生活を送りがちだと女性ホルモンが減少し、薄毛や抜け毛の発生につながる可能性もあります。

産後の抜け毛

女性ならではの原因として産後の抜け毛も考えられます。

産後という時間は一時的なものではありますが、この期間は特に自分自身のケアを怠り、食事が簡素なものになってしまいがちです。栄養が髪の毛に行き渡らず、赤ちゃんのお世話で睡眠不足になってしうなど生活習慣の変化やストレスが顕著に反映されてしまいます。

産後、急激に低下した女性ホルモンは少しずつ回復していくのですが、授乳を続けている間はプロラクチンというホルモンが女性ホルモンを抑制するとされ、分泌状態が低下していると考えられます。

ストレス

ストレスがたまると自律神経の交感神経が刺激され、血管の収縮や血流悪化が引き起こされます。頭皮の血管も例外ではなく、ストレスの影響で血流が滞ることで髪に必要な栄養素が運ばれなくなり、薄毛や抜け毛の原因となります。また、ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こす可能性もあるため、薄毛や抜け毛改善のためにはなんとか対処したい存在です。ただ、ストレスを完全になくすことは難しいので、日頃から自分なりの方法でストレスを解消していくことが大切です。

加齢

女性の髪は40代をピークに段々と細くなっていく傾向にあります。1本1本の髪が細くなると、全体的にボリュームダウンするだけでなく、ハリやコシが失われたり、ツヤが薄くなってきたりなどの変化も始まります。さらに加齢によりコラーゲンが減少すると、毛穴が縮小してしまい、抜け毛の原因となることも。また、頭皮の保湿成分も失われていくため、フケやかゆみといった頭皮トラブルが発生しやすくなります。フケやアカをそのままにしておくと毛穴に詰まってしまい、抜け毛や薄毛の原因となるため、早めの対処が必要になります。

カラーリングやパーマなどによる頭皮環境の悪化

自宅や美容院でカラーリングやパーマといったヘアアレンジを楽しんでいる女性も多いのではないでしょうか。しかしカラーリングやパーマをかけるために使用する薬剤は髪や頭皮にとっては刺激が強く、長く続けていると大きな負担になりかねません。特に頭皮は髪とは違いトリートメントなどでケアできないので、ダメージが深刻化しやすいと言えます。実際にカラーリングやパーマの薬剤で頭皮に負担がかかると、白髪や抜け毛の原因となるので注意が必要です。

【PICK UP!】1本で白髪染め、ヘアケア、スカルプケア、エイジングケアとオールインワンケアができるヘアカラートリートメントが今人気です。気になる方はマイナチュレカラートリートメントの詳細ページへどうぞ!

過度なダイエット

運動はせずに過剰な食事制限だけでダイエットをしたことはありませんか?このような過度なダイエットは体調不良だけでなく薄毛や抜け毛を引き起こす可能性があります。無理な食事制限を続けると髪に十分な栄養が運ばれなくなるだけでなく、ホルモンバランスの乱れを引き起こす可能性があるからです。せっかくダイエットに成功しても、薄毛や抜け毛が出てきてしまったらショックですよね。そのため、ダイエットをする場合は、薄毛や抜け毛を予防する意味でもバランスのとれた食事を心がけることが大切です。

●女性に多い脱毛症の種類

女性に多い脱毛症の種類

女性の薄毛は局所的に発生するものではありません。薄毛や抜け毛が起こる原因が異なるように、男性と女性では起こりやすい脱毛症の種類も異なります。ここでは、女性に多く見られる脱毛症について解説していきましょう。

びまん(瀰漫)性脱毛症

びまん性脱毛症とは女性特有の脱毛症で、頭髪全体が薄くなるという特徴があります。円形脱毛所のように脱毛している部分と毛が生えている部分の境界線がはっきりとしているわけではなく、主な症状は髪の毛1本1本が細くなってしまうことで全体量が減少してしまうというものです。

びまん性脱毛症の主な原因は加齢だと考えられています。加齢により女性ホルモン量が減少することで男性ホルモンが優位に立ってしまい、少しずつ脱毛が進んでいきます。また、過度なダイエットやストレス常備薬による副作用などもびまん性脱毛症の原因となることもあるようです。

現在、このびまん性脱毛症に悩んでいる女性は意外と多いと言われています。実際に髪全体がボリュームダウンしてしまうため、実年齢よりも老けた印象になってしまったり、ふとした時に地肌が見えてしまったりすることにストレスを感じている女性も多いようです。

びまん性脱毛症の場合、男性のM字脱毛や円形脱毛症とは違い、症状が出ていることが分かりにくいので、「気づいたらびまん性脱毛症になっていた」というケースがほとんどです。ただ、生活習慣を見直すことで症状の改善が見られることもあるので、まずは進行を防ぐためにも良質な睡眠や規則正しい食生活、適度な運動などを心がけることが大切です。

ひこう(粃糠)性脱毛症

ひこうせい脱毛症とは頭皮の角質異常が原因で起こる疾患で、大量のフケやかゆみを伴います。白くて小さいフケが大量に発生するのが特徴で、そのフケや皮脂をエサにして細菌やダニが繁殖してしまうと毛根が炎症を起こします。毛根が炎症を起こすと頭皮に赤みやかゆみ、かさぶたが見られるようになり、かゆくてついかいてしまうとさらに症状が悪化してしまうという悪循環を生むこともあるようです。また、大量のフケが毛穴をふさいでしまったり、毛根が炎症を起こしてしまったりすることで脱毛が進んでしまう可能性もあります。

ひこう性脱毛症の原因ははっきりとは分かっていませんが、ひとつの要因としてシャンプーや整髪剤が作用していると考えられています。実際にシャンプーや整髪剤が肌に合わなかったり、洗い流しがあったりするとフケ発生の原因となり、症状を引き起こすことがあるようです。また、ホルモンバランスの乱れも原因のひとつとして有力視されています。

円形脱毛症

円形脱毛症とは円型や楕円(だえん)型の脱毛が見られる症状で、いわゆる「10円ハゲ」のことです。主な原因としては肉体的・精神的な過度なストレスが関係していると言われており、軽度であればストレスが解消されることで治ることもあります。実際にストレスが軽減されると、通常は2~3カ月で髪が生えてくるそうです。ただ、重症化してしまうと円形脱毛が増え、脱毛が髪だけでなくまつ毛や眉毛、体毛にまで及んでしまうこともあるので、症状が見られたら早めに医療機関を受診する必要があると言えます。

けんいん(牽引)性脱毛症

けんいん性脱毛症とは髪の分け目や結び目の部分が薄くなってしまう症状のことです。近年では若い女性に多く見られており、髪を長時間縛ったりきつく束ねたりしていることが原因として考えられています。また、毎日同じ髪形をしている人や、エクステをつけている人に多く見られる傾向があります。早いと10代で発症することもあるので、日頃から注意する必要がある脱毛症と言えるでしょう。

しろう(脂漏)性脱毛症

しろう性脱毛症とは、頭皮の皮脂の過剰分泌が原因で起こる脱毛症です。皮脂が大量に増えることで頭皮環境が悪化し、頭皮のべたつきやかゆみ、湿疹などに伴い脱毛が進んでいきます。頭皮の皮脂の過剰分泌は過度なヘアケア、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れなどが原因で起こると考えられているため、症状の改善のためには洗髪の仕方や生活習慣を見直す必要があります。また、「頭皮がべたついてきていて心配」という方は、症状が見られる前に一度皮膚科を診療し、頭皮の状態をチェックしてもらっても良いでしょう。

●女性の薄毛・抜け毛を対策する方法

女性の薄毛・抜け毛を対策する方法

女性の薄毛・抜け毛対策はなるべく早めに行うようにすることが大切です。「放っておけばいつか治るでしょ」と楽観視していると、知らないうちに薄毛や抜け毛が重症化し、長期の治療が必要になる可能性もあるからです。そこで最後に、女性の薄毛・抜け毛を対策する方法をいくつか紹介していきたいと思います。

生活習慣を見直す

女性の薄毛・抜け毛の場合、生活習慣を見直すだけである程度の回復が見られることもあります。「最近抜け毛が増えた」「髪のコシやハリがなくなってきた気がする」という方は、食生活の乱れや睡眠不足、運動不足、ストレスなどに心当たりがないか確かめてみましょう。また、女性に多い冷え性も頭皮の血行悪化を招き、薄毛・抜け毛を引き起こす原因となるので、冷え性に悩まされているという方は食生活や服装などを工夫して、日頃から体を温めるよう心がけましょう。

女性用育毛シャンプーを試してみる

安価なシャンプーの中には、肌への刺激が強い粗悪な界面活性剤を配合している洗浄力が強い製品もあるため、長く使い続けていると頭皮に必要な皮脂まで除去してしまい、頭皮環境の悪化を引き起こす恐れがあります。したがって、「頭皮が乾燥気味だ」「頭皮が脂っぽい気がする」という方は特に、使用しているシャンプーを見直してみましょう。

薄毛・抜け毛対策としておすすめなのは女性用の育毛シャンプーです。育毛シャンプーは頭皮ケアに最適な成分を豊富に配合しているので、頭皮環境を整えて、髪に必要な成分を行き渡らせる効果が期待できます。

女性用育毛剤を試してみる

薄毛・抜け毛が気になるという方には、女性用育毛剤もおすすめです。女性用の育毛剤にはホルモンバランスの乱れや頭皮環境の悪化を改善するために、女性ホルモンに似た性質を持つ成分や髪に栄養を運ぶための成分がメインとして配合されています。ただ、育毛剤と一口に言ってもいろいろな種類のものが販売されているので、「どれが自分に一番合っているのか分からない」という方も多いと思います。そこで大切なのが、自分の髪の状態や抜け毛の特徴を確認することです。

例えば頭皮の乾燥やフケが気になるという方は、ヘチマエキスやヒアルロン酸といった頭皮にうるおいを与える保湿成分配合の育毛剤がおすすめです。一方で、急に抜け毛が増えてきたという場合には、ホルモンバランスへの作用が期待できるカンゾウエキスやヨモギエキス、あるいは男性ホルモンを減らしてくれる作用が期待できるオウゴンリキッドやチョウジなどの成分配合の育毛剤が良いでしょう。

ちなみに同じ育毛剤でも、男性用の製品を女性が使用するのはおすすめできません。男性と女性では薄毛・抜け毛の原因や特徴が異なるからです。男性用の育毛剤の中でも、医薬品に該当するものは女性が使用すると刺激が強すぎるだけでなく、副作用が起こる恐れもあるので、安全のためにも女性は女性用の育毛剤を選ぶようにしましょう。

AGAクリニックに通う

「薄毛・抜け毛を早くどうにかしたい!」という方はAGAクリニックを受診してみることをおすすめします。先ほども述べたように、女性の薄毛・抜け毛は放っておくと重症化する恐れもありますし、自分の判断だけでは対処が難しいケースもあります。クリニックの中には初回のカウンセリングや初診料を無料で実施しているところもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

当サイトおすすめの女性用育毛剤はこれ!

1.マイナチュレ

マイナチュレ_メインイメージ

マイナチュレはデリケートな女性の頭皮に配慮して、無添加にこだわって作られた女性用育毛剤です。香料や着色料など、頭皮への刺激となりやすい11種類の添加物は一切配合されていないため、敏感肌の方でも安心して使用できます。薬剤自体はべたつかず、サラッとしているので、使い心地にも定評があります。

配合されているのはセンブリエキス、グリチルリチン酸、酢酸DL・α・トコフェロールの3種類の育毛有効成分で、すべて厚生労働省で承認されている安全なものです。そのほか育毛サイクルを支える27種の天然成分と10種類のアミノ酸がバランスよく配合されています。

2.ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤は3年連続でモンドセレクション金賞を受賞している高品質の女性用育毛剤です。全体の99・6%が天然由来成分で構成されているので肌に優しく、商品化にあたってパッチテストも実施済みなので、敏感肌の方や肌に心配がある方でも安心です。

ベルタ育毛剤にはセンブリエキス、グリチルリチン酸、酢酸DL・α・トコフェロールといった育毛有効成分のほかに、頭皮ケアに有効な成分が32種類も配合されています。さらにこれらの成分をナノ化することで、毛穴への浸透力が高い製品に仕上がっています。

おわりに

いかがでしたか?薄毛や抜け毛で悩んでいる女性は意外と多く、実はAGAクリニックに通っている方も少なくはありません。放っておくと深刻化する恐れもあるので、薄毛や抜け毛が気になるという場合には早めに対処するようにしましょう。