育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛・薄毛・育毛剤…髪の毛の徹底研究サイト

【特集】リデンシルという注目の育毛成分に徹底的に迫ってみた!

今、もっとも勢いのある「リデンシル」という成分をご存じですか?

2014年に、世界で一番大きな化粧品や日用品原料素材の展示会、「インコスメティック」にて、育毛成分として初めて銀賞を獲得し、一躍有名になりました。リデンシル配合のヘアケア剤はどんどん増えてきており、今もっとも注目を集めています。

今回は、このリデンシルという成分が果たして何者なのか、本当に効果があるのか、真相に迫ってみました。

リデンシルってどんな成分?

成分のイメージ

リデンシルはスイスの原料メーカー、インデュケム社(現:ジボダン社)が開発した成分です。

驚くべきは、発毛医薬成分として認可されているミノキシジルとの比較実験でした。なんと、リデンシルがミノキシジルの2倍もの伸び率を示したという臨床データが公開されているのです。

医薬部外品添加剤で使用可能な育毛成分としてこれほどしっかりとした臨床データを持っているのはリデンシル以外にありません。(参考資料

リデンシルの主成分は「DHQG」と「ESCG2」

リデンシルは、複数の成分を組み合わせて作られたプレミックス成分です。その中でも大切な要素を担っているのが、「DHQG」、「ESCG2」と呼ばれるもの。まずはこれらを調べてみました!

まずDHQGですが、正式には「ジヒドロケルセチングルコシド」と言い、これを略した言い方です。原料はセイヨウアカマツという植物で、開発元のジボダン社は、このセイヨウアカマツをエキスで抽出する技術に優れていました。直接的な効果としては、保湿や血行を進めること、育毛(後に詳しく記載)などが主になります。

次にESCG2は、茶葉エキス由来で正式名は「没食子酸エピガロカテキングルコシド」といいます。主な効果は炎症に対してですが、他にも消臭などに期待ができます。頭皮の炎症には、「IL-8」という炎症性サイトカインの効果が関係しており、これを抑制できるかどうかがポイントです。炎症は、一度起きてしまうと感染症のように拡大してしまうため、ESCG2の存在は重要であると言えます。

リデンシルの育毛効果は?

リデンシルの画期的な点は、ズバリ「新しい細胞を作れ!」と命令を下せるということです。

先に、主成分のDHQGに育毛効果があると書きましたが、それがまさにこの新しい細胞を生むためのアプローチということになります。

育毛のメカニズムは幹細胞を刺激すること!

幹細胞のイメージ

リデンシルが注目を集めたのは、従来の育毛成分が「男性ホルモン」に着目し、抜け毛をケアするという趣向のものが多かったのに対し、バルジ領域という場所にある幹細胞を刺激することができる点です。

髪の毛を増やすメカニズムとは、幹細胞を刺激して髪の毛の元になる毛乳頭細胞を増やすこと。つまりリデンシルは、「細胞を増やせ!」という司令を頭皮に与えることができる成分となります。これまでにない画期的なアプローチですね。

リデンシルの臨床データが公開されていました

これまでに説明してきたことが本当かどうか、確かめてみましょう。

リデンシルを開発したスイスのインデュケム社(現:ジボダン社)が公表している臨床データがありますので、それを元に説明していきます。

DHQGが毛乳頭細胞を活性化!

DHQGの効果検証

リデンシルの主要成分のひとつ、DHQGの実験結果です。

これは、DHQGの量を2μM(少ない)、10μM(中くらい)、50μM(多い)と3種類用意したものと、bFGFという細胞増殖因子のどちらが毛乳頭細胞を活性化させることができるかというものです。

結果は、DHQG量を少なくした2μMと10μMのものはbFGFを下回りましたが、50μMと多めにした場合には、DHQGの方が活性化しました。

ESCG2が炎症を21%抑えた!

ESCG2の効果検証

次に主要成分のもうひとつ、ESCG2のデータです。

この実験は、「IL-8」という頭皮の炎症を引き起こす因子に対し、ESCG2を加えた場合と何も加えなかった場合に、どのような違いを示すかというものです。

左端が、元々のIL-8の量です。真ん中がただIL-8を誘発させたもの、そして右端がESCG2を加え、かつIL-8を誘発させたものです。

結果は、ESCG2を加えたものが、ただIL-8を誘発させたものと比べ、21%も発生率を抑えました。このことから、ESCG2には頭皮の炎症を抑えるなどの実感があることが確認されました。

リデンシルと医薬成分「ミノキシジル」の比較!結果は??

ミノキシジルとの比較

最後に、リデンシルと医薬成分のミノキシジルの比較実験です。ミノキシジルと言えば、発毛効果があると正式に認められている成分で、あらゆる発毛剤に配合されています。

この実験は、シンプルです。抜いた男性の髪の毛にリデンシル1%、ミノキシジル1%をそれぞれ加えたものと、何も施していないものを7日後、10日後で比較しました。

結果は、7日後では微々たる差だったものが、10日後の成長率はミノキシジルが118%に対し、リデンシルが214%と大きく伸ばしました。発毛効果が認められているミノキシジルと比較して、約2倍の成長率。否が応にも期待してしまいますね!

リデンシルに反動はある?

リデンシルには頭皮への悪影響など、反動はありません。原材料がセイヨウアカマツエキスやチャエキスなどに代表される通り、天然由来の成分であるためです。医薬品は効果効能も認められていますが、一方でかゆみが出たり、頭皮に発疹が出たりということが確認されている場合も多いです。

それに対しリデンシルは、このような反動の心配がなく、効果も確認されているという強みがあります。繊細な肌を持つ女性が気にせずに使えるというのは、まさに画期的な成分であるといえるでしょう。

リデンシル配合のスカルプエッセンス(化粧品)ならリジュン!

リジュンのメインビジュアル

最後に、リデンシルが配合されている人気のスカルプエッセンスをご紹介したいと思います。リデンシル配合のヘアケア商品はどんどん数が増えてきていますが、その中でも特におすすめなのが「リジュン」です。

2017年に新発売したばかりの新しい女性スカルプエッセンスですが、頭皮にやさしく、浸透力が高いことで早くも圧倒的な支持を得ています。

リジュン(RiJUN)の詳細情報

単品価格 6,437円
定期価格 3,218円(初回)
継続費用(3ヵ月) 13,968円
内容量 100ml
成分数 72
使用可能日数 30日間
香り 無香料
性別 女性用
使用回数 1日2回
使用方法 1.気になる部分の頭皮がよく見えるようにかき分けます。
2.気になる部分を中心に、頭皮全体に行き渡るようにプッシュしていきます。
3.指の腹ですり込むように優しく、全体になじませます。
4.気になる部分を中心に、やさしくマッサージします。
キャンペーン -

リジュンは、特許出願中の「フルボ酸」×次世代ヘアケア成分「リデンシル」をはじめ、業界最多となる72種類のナノ化したヘアケア成分を配合しています。

また90日間の全額返金保証と定期コースでの初回半額というのもかなり高ポイントとなりますね。

リジュン(RiJUN)の口コミ

アメリン(40代前半・女性)

 

満足度
4.0

ネットの先行モニターレビューを見て気になっていました。

私はいわゆる流行モノオタクで、新商品と聞くだけでワクワクするんですが、最初はそんな不純な動機で知ったリジュンも、実際使ってみたら手放せなくなりました。

朝と夜に分け目を中心に数回スプレーしていってから、指でマッサージするんですが、普通に気持ち良いし、髪がサラサラで、ヘアオイルは不要です。リジュンだけでトリートメントはばっちりだと思います。髪が増えたかは分かりませんが、マッサージ気持ち良いし、髪のツヤが凄く良くて周囲の友達からも好評なので、このまま続けて使いたいと思います。

きらら(30代後半・女性)

 

満足度
4.0

敏感体質でも大丈夫でした

私は敏感な体質で、食べ物も化粧品も、成分を細かく見るのですが、リジュンはパラペンや合成香料、鉱物油など使っていなくて、天然由来の成分を多く含むので、気軽にヘアケアできるのでは?と考え、使い始めました。

まだ使用して1カ月なので実感までは至っていませんが、頭皮には発疹も出ていないし、やはり配合されている成分って大事なんだなぁと思います。髪にも皮膚にも優しい成分を使ったものが何より一番だと思っています。

今後、髪が綺麗になるのか期待して使いたいと思います。

 

 

まとめ

リデンシルは医薬部外品添加剤で使用可能な育毛成分として、しっかりとした臨床データを所持しています。

多くの人に育毛効果をもたらすことができるのであれば、医薬品と比較して反動の懸念がないリデンシルに人気が集中してもおかしくありません。

今後、リデンシル配合の製品がどこまで人気を伸ばすのか、注目していきたいと思います。