育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

今日から実践できる7つの育毛習慣

「育毛に良いことをしたいけどんな方法が効果的なのかわからない」こんなお悩みを抱いている男性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、自宅で日常的にできる育毛方法を7つ紹介していきたいと思います。

※記事の最後に当サイトで人気の育毛剤をご紹介しています。先にご覧になりたい方は「育毛剤を使う」までジャンプしてください。

プランテルEX

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージ

手軽に始められる育毛習慣としてまずおすすめしたいのが頭皮マッサージです。日常的に頭皮をマッサージしもみほぐすことで、頭皮の血流改善につながります。そもそも薄毛の原因のひとつに頭皮の血行不良があります。頭皮の血流が悪くなると、毛根に栄養素がうまく行き渡らなくなり、育毛の妨げとなるため、日常的にマッサージして血流改善を促すことが大切です。

頭皮マッサージを始める前にまずはウオーミングアップを

実際に頭皮マッサージを始める前に、準備運動として肩や首もマッサージしていきましょう。頭皮の血流は心臓から上へと通っているものなので、途中の肩や首が凝っていると頭皮マッサージの効果も減ってしまうからです。まずは首を回したり、肩を上げ下げしたりして緊張をほぐしましょう。そのあとは首や肩を指で軽く押すようにしてマッサージしていくと効果的です。

基本的な頭皮マッサージのやり方

マッサージにはいろいろな種類がありますが、ここでは頭皮マッサージの基本的なやり方を紹介していきます。

  1. 両手の指の腹で頭皮を押さえつけるようにしてから、指先で小さく円を描くように頭全体をもんでいく
  2. 頭の両サイドや襟足から頭頂部に向かって頭皮を指先で軽くはじくようにたたいていく
  3. 親指以外の、4本の指の腹を地肌に密着させて、ゆっくりと動かす感じでマッサージしていく

生え際への頭皮マッサージ方法

生え際が気になるという方におすすめの頭皮マッサージもあります。生え際をマッサージすることで前頭筋が刺激され、頭皮の血流改善にもつながります。

  1. 生え際に両手の指をセットする
  2. 指の腹を使っておでこを上に引き上げるようにして、2~3秒キープ
  3. 頭皮を下に引っ張るようなイメージで、力を入れたまま指を下に移動させる
  4. これを10回位繰り返す

ツボ押しもおすすめ

頭皮には薄毛改善に効果的なツボがいくつか点在しているので、頭皮マッサージと合わせて刺激すると良いでしょう。ツボは基本的には皮膚と垂直になるように押してあげると効果的です。一方で、ツボ押しをする際は、発熱時や飲酒時は避けるようにしましょう。ツボ周辺に炎症や傷がある場合も、症状が悪化する恐れがあるので控えた方が賢明です。

  1. 百会(ひゃくえ)

    百会は頭頂部の中心にあるツボで、頭皮の血流促進や自律神経を整える効果が期待できます。両耳をまっすぐ上がった線と顔の中心部から上がった線の、交差するところに位置します。

  2. 神庭(しんてい)

    額の中心部にあるツボで、血流促進や頭痛への効果も期待できます。眉間の中央から前髪側に指4本分くらいの位置にあります。

  3. 通天(つうてん)

    百会の斜め前にあるツボで、抜け毛の改善に効果が期待できます。額の生え際から親指の幅4本くらい後ろ、さらに耳の方へ親指の幅1本半下がった場所に位置します。

睡眠時間を見直す

睡眠時間の改善を目指す

睡眠は育毛にとって重要なポイントのひとつです。なぜなら髪の毛を育てる「成長ホルモン」の分泌が最も盛んなのが寝ている間だからです。特に入眠して3時間後くらいの深い眠りに入った時、成長ホルモンがたくさん分泌されることがわかっています。

少し前までは夜10時~2時までに入眠した方が成長ホルモンに良い効果があると言われていましたが、最近の研究で厳密には時間帯は関係ないことが明らかになりました。しかし「何時に寝ても問題ないのか」と言えばそうではなく、例えば日付をまたいで入眠するよりはその日の夜に入眠した方が成長ホルモンの分泌量が多いとことがわかっています。そのため、毎日0時以降に寝る習慣がついてしまっている方は、育毛のためにもなるべく早めに寝るように睡眠時間を見直すようにしましょう。

食生活を見直す

食生活の改善を目指す

育毛のためにはバランスの良い食生活を心がけることが大切です。栄養が偏った食生活を続けていると、育毛に必要な栄養も不足してしまいます。ここでは、具体的に育毛に良いとされる成分や食材をいくつか紹介していきましょう。

髪の毛の元となるタンパク質

髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質の一種です。ケラチンを合成するためにはアミノ酸を摂取する必要があるので、アミノ酸の摂取も育毛には大切なことのひとつです。しかしタンパク質も体内に摂取されたのち、アミノ酸に分解されるため、タンパク質を摂取することも髪の毛の材料を取り入れることにつながります。

タンパク質は大きく分けて動物性と植物性の2種類に分類することができますが、栄養が偏らないためにも両方をバランスよく摂取することが大切です。肉や魚、乳製品などを日常的にしっかりと摂取するようにしましょう。

頭皮や髪の毛の生まれ変わりをサポートする亜鉛

亜鉛は先ほど紹介した、髪の毛の主成分であるケラチンを作るために必要な栄養素です。また、亜鉛には頭皮や髪の毛の生まれ変わりをサポートする作用もあるので、抜け毛予防のためにもしっかりと摂取したい栄養素でもあります。亜鉛はカキや豚肉のレバー、牛肉などに多く含まれています。

頭皮の健康維持に役立つビタミン類

ビタミンにはいろいろな種類がありますが、育毛のためにしっかりと取りたいのは「ビタミンA」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」「ビタミンE」の5種類です。これらをバランスよく摂取することが大切です。

「ビタミンA」
頭皮の乾燥を防ぐ作用があります。
含有量が多い食材:肉や魚、卵、乳製品など

「ビタミンB2」
髪の毛の成長を促す作用があります。
含有量が多い食材:豚肉のレバー、ウナギ、納豆、卵など

「ビタミンB6」
タンパク質をアミノ酸に分解する働きがあります。
含有量が多い食材:赤身の魚やヒレ肉、ささみ、バナナ、パプリカなど

「ビタミンC」
アミノ酸からタンパク質を合成する働きや、亜鉛の吸収率を上げる作用があります。
含有量が多い食材:パプリカ、レモン、芽キャベツ、柿など

ビタミンE
血流を促進する作用があります。
含有量が多い食材:アーモンドなどのナッツ類、ウナギ、大豆など

お酒とタバコを控える

お酒とタバコを控える

日常的にお酒やタバコを嗜(たしな)んでいる方は、育毛のためにも控えるようにしましょう。例えばタバコに含まれているニコチンには体内に摂取されると血管を収縮させ、血流を悪くする作用があるので、育毛の妨げとなる可能性があります。実際に喫煙者は白髪や薄毛のリスクが高いと言われています。

また、お酒も育毛に良い影響を与えません。アルコールは肝臓に大きな負担をかけてしまうからです。肝臓は髪の主成分であるタンパク質を合成する働きがあるので、アルコールにより大きな負担がかかってしまうと育毛にも悪影響を与える可能性があります。ちなみにタバコに含まれているアセトアルデヒドも肝臓に大きな負担をかけてしまうので、やはり育毛の妨げとなります。

ストレスをため込まない努力をする

ストレスは抜け毛の原因のひとつです。ストレスがたまると自律神経が乱れやすくなることはご存じの方も多いかもしれませんが、自律神経が乱れると血流にも影響を及ぼし、血行不良をもたらしてしまうこともあります。血流が悪くなると頭皮や毛根に栄養素が行き渡らなくなるため、抜け毛や薄毛が進行してしまうことも。

ストレスと無縁の生活をすることは難しいかもしれませんが、なるべくストレスをため込まないよう心がけましょう。自分なりのストレス解消法でリフレッシュすることが大切です。

シャンプーのやり方を見直す

毎日のシャンプー、どんな方法で行っていますが?間違った洗髪は育毛どころか抜け毛や薄毛リスクを高めてしまう可能性があるので、毎日正しいやり方で行うことが大切です。

例えば指先に力を入れてゴシゴシと洗髪してしまっている方は注意が必要です。力を入れすぎたり爪を立てたりして洗髪すると、頭皮や髪の毛を傷つけてしまう恐れがあります。ポイントは指の腹を使って頭皮を優しくマッサージしながら洗髪すること。使用するシャンプーは一般的なものであれば、刺激が強いアルカリ性のものではなく、肌に優しいアミノ酸系のものを選ぶようにしましょう。

また、日常的な育毛ケアとしてスカルプシャンプーの使用もおすすめです。スカルプシャンプーは頭皮ケアに重点を置いて作られたシャンプーなので、育毛や薄毛対策としての効果が期待できます。

スカルプシャンプーを使用する際は肌質にあったものを選ぶようにしましょう。例えばオイリーな肌質の方は洗浄力が強いタイプのものが良いですし、逆に乾燥肌の方は保湿成分配合のものがおすすめです。

育毛剤を使う

育毛剤は育毛の代表的な手段のひとつです。ここではおすすめの育毛剤を3つ紹介しましょう。

「プランテルEX」

薬用プランテルEX

「プランテルEX」はスカルプケアサロンや毛髪診断士、製薬会社など育毛のエキスパートたちが共同開発して生まれた人気の育毛剤です。含有成分は特許出願成分ペブプロミンαやセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など、発毛効果が高いものを各種最適な割合で配合。さらに保湿や血行促進、育毛効果などが期待できる最高濃度リデンシルを5%配合しています。

「ポリピュアEX」

「ポリピュアEX」は医学雑誌にも掲載された実績のある育毛剤です。頭皮の保湿に効果的な「バイオパップス」や注目の独自成分「バイオポリリン酸」などが配合されており、男性の育毛、発毛、毛生促進効果だけでなく、女性の薄毛や脱毛にも効果が期待できます。

「チャップアップ」

天然成分55種類+アミノ酸15種類

「チャップアップ」は安全性を特に重視している方におすすめの育毛剤です。第三者機関による、厳しい3つの安全性試験をクリアしているので、安全面は実証済み。さらに香料や着色料を添加していない無添加無香料なので、頭皮にも優しい育毛剤となっています。もちろん「センブリエキス」「グリチルリチン酸2K」「ジフェンヒドラミンHCI」といった有効成分も絶妙なバランスで配合されているため、血行促進や育毛に効果が期待できます。

おわりに

いかがでしたか?薄毛が気になる方は、ぜひ今回紹介した7つの育毛習慣を今日から実践してみてください。また、今薄毛ではない方も、生活習慣を見直して将来のリスクに備えましょう。