育毛研究室 by ポストセブンlab

育毛剤・発毛剤・薄毛治療…髪の毛の徹底研究サイト

薄毛対策にかかる費用はどれくらい?対策別に解説

「薄毛がひどくなっている気がする」「最近抜け毛が増えた」こんな薄毛関連の悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?しかし薄毛対策と一概に言っても方法はいろいろありますし、具体的にどのくらい費用がかかるのかよく分からないという方も少なくはないと思います。そこで今回は薄毛対策にかかる費用を対策別に詳しく解説していきたいと思います。

※記事の後半でおすすめの育毛剤をご紹介しています。先にご覧になりたい方は当サイトのおすすめ育毛剤はこちら!をご覧ください。

プランテルEX

まずは生活習慣を見直すことから!費用はほぼ0円

生活習慣を改善しましょう

「お金をなるべくかかずに気長に続けたい」「まだそこまで薄毛は気にならないけど、将来が不安」という方は、まずは生活習慣や毎日のシャンプーのやり方を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか?これなら費用ほぼ0円で始められます。

薄毛対策をしようという時、育毛剤や育毛シャンプーなど外側からのケアにばかり気をとられてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし薄毛対策として必要なのは外側のケアだけではありません。体の内側から髪の毛の健康へアプローチすることもとても大切なことなのです。そしてそのアプローチ法として最も重要なのが生活習慣の見直しです。

健康的な生活を送ることは髪と何の関係もないように見えるかもしれませんが、髪も体の組織のひとつなので、無関係とも言い切れません。むしろ健康的な生活は髪にも良い影響を与えると考えられます。

十分な睡眠時間をとる

毎日の睡眠時間、十分にとれていますか?睡眠時間が不十分だと髪の成長に不可欠な成長ホルモンの分泌がうまく行われず、薄毛が進んでしまう可能性があります。成長ホルモンの分泌が盛んになるのはぐっすりと眠っている時なので、薄毛対策として睡眠時間を十分にとることはとても大切です。

また、しっかりと睡眠をとることは頭皮の健康を維持するという面でも重要な意味を担っています。就寝時間が毎日バラバラだったり、睡眠時間が不十分だったりすると、自律神経のバランスが崩れ、頭皮の血行不良を招くことがあるからです。頭皮の血行が悪くなると髪や頭皮へ栄養が行き渡らなくなり、薄毛を促進してしまう恐れがあります。

栄養バランスが良い食生活を心がける

頭皮や薄毛の状態を改善し、育毛を促すためには食生活の改善が必要です。ポイントは髪に良いとされる食材をバランスよく摂取すること、そして育毛を阻害する食べ物の摂取を控えることの2点です。

まず髪に良いとされる栄養素や食材を見ていきましょう。髪の主成分であるケラチンを作り出すために必要なタンパク質や亜鉛、そして亜鉛の働きをサポートする作用があるビタミンB群は日頃の摂取を心がけることをおすすめします。ほかにも抜け毛改善に効果的なイソフラボンや血行促進作用があるカプサイシンなどもバランスよく日々の食生活に組み込んでいきましょう。

逆に育毛を阻害する食べ物としては、ジャンクフードや甘いもの、脂っこいものなどが挙げられます。これらのような脂肪分や糖分が多く含まれている食べ物は体の血流を阻害し、薄毛を促進させてしまう可能性が高いからです。育毛のためには、ジャンクフードや甘いもの、脂っこい食べ物の過剰摂取は避け、栄養バランスがとれた食事を心がける必要があります。

正しい方法で毎日シャンプーする

シャンプーを正しい方法で行うことも薄毛対策に不可欠です。毎日行うことだからこそ、正しいやり方のコツを抑えて育毛に役立てましょう。

  1. シャンプー前にブラッシングをしておく
  2. まずはお湯だけで軽く髪を洗う
  3. シャンプーを手で泡立てて、指の腹を使って優しく後頭部から洗っていく
  4. ぬるま湯で満遍なく洗い落とす
  5. ドライヤーでしっかりと乾かす

シャンプー前に一度ブラッシングし、お湯で軽く洗っておくことで頭皮や髪についた汚れをしっかりと落とし、シャンプーの泡立ちをよくする効果が期待できます。また、シャンプーで洗う時は指の腹を使って、爪を立てないように優しくマッサージしながら行うことが大切です。最後ドライヤーで乾かす際は、髪だけでなく頭皮も乾かすことを意識して行いましょう。

一方で、最近はいろいろなシャンプーが販売されているので、「どれが髪に良いのか分からない」という方も多いかもしれません。薄毛対策としては育毛シャンプーが最もおすすめですが、それもさまざまな種類があります。

そもそも育毛シャンプーとは育毛剤のように、毛の成長を促すものではなく頭皮のケアや抜け毛予防などを目的としているものがほとんどです。ちなみにスカルプシャンプーも同じく頭皮の環境改善に効果的な成分が多く含まれているため、育毛シャンプーと似たような効果が期待できると言えます。育毛シャンプーやスカルプシャンプーは2,000~4,000円位が相場となっているので、コンディショナーと合わせても5,000円前後で購入することができるでしょう。

今日から実践できる7つの育毛習慣では、日々の生活の中で簡単に実践できる対策を詳しく紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

薄毛が気になってきたら育毛剤、発毛剤、治療薬を検討(5,000円~10,000円)

薄毛が少し気になってきた

薄毛が少し気になってきたら、お金をかかる方法も検討してみましょう。ここでは育毛剤や発毛剤、薄毛治療薬による対策について解説していきたいと思います。

育毛剤と発毛剤はどちらも髪にアプローチするものではありますが、厳密には定義が異なります。まず育毛剤とは抜け毛や薄毛予防を目的とし、髪を健康に保つためのもので、医薬部外品です。一方で、発毛剤とは抜け毛や薄毛の治療を目的としているものなので、医薬品に分類されます。このように育毛剤と発毛剤ではそれぞれ効果が異なるので、毛髪の状態や悩みに合ったものを選んで使用する必要があります。

育毛剤or発毛剤で対策するメリット・デメリット

育毛剤は主に天然成分で作られている医薬部外品なので、副作用が生じるリスクは極めて低いと言えます。しかしその一方で、医薬品よりは育毛・発毛効果が高くありません。

発毛剤の場合は薬品が配合されている分、高い育毛・発毛効果が期待できますが、副作用が起こるかもしれないというリスクが考えられます。

育毛剤、発毛剤の費用相場

育毛剤や発毛剤の相場は大体5,000円~1万円と言えます。ただ、商品によって使用期間も異なるので、値段と一緒に容量や使用期間も確認してから購入することをおすすめします。

当サイトおすすめの男性育毛剤はこれ!

「プランテルEX」

薬用プランテルEX

「プランテルEX」はスカルプケアサロンや毛髪診断士、製薬会社など育毛のエキスパートたちが共同開発して生まれた人気の育毛剤です。含有成分は特許出願成分ペブプロミンαやセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など、発毛効果が高いものを各種最適な割合で配合。さらに保湿や血行促進、育毛効果などが期待できる最高濃度リデンシルを5%配合しています。

「ポリピュアEX」

「ポリピュアEX」は医学雑誌にも掲載された実績のある育毛剤です。頭皮の保湿に効果的な「バイオパップス」や注目の独自成分「バイオポリリン酸」などが配合されており、男性の育毛、発毛、毛生促進効果だけでなく、女性の薄毛や脱毛にも効果が期待できます。

「チャップアップ」

天然成分55種類+アミノ酸15種類

「チャップアップ」は安全性を特に重視している方におすすめの育毛剤です。第三者機関による、厳しい3つの安全性試験をクリアしているので、安全面は実証済み。さらに香料や着色料を添加していない無添加無香料なので、頭皮にも優しい育毛剤となっています。もちろん「センブリエキス」「グリチルリチン酸2K」「ジフェンヒドラミンHCI」といった有効成分も絶妙なバランスで配合されているため、血行促進や育毛に効果が期待できます。

薄毛が気になり始めた方は、少々値段は張りますが薄毛治療薬での対策を始めてみても良いかもしれません。基本的にはクリニックに通い、診察を受けて薄毛治療薬を服用してもらうという流れになります。

薄毛治療薬で対策するメリット・デメリット

薄毛治療薬で対策することのメリットは、比較的手軽であることと育毛・発毛効果の高さにあると言えるでしょう。実際に薄毛治療薬だけ使用するならば自毛植毛や育毛メソセラピーよりも安価ですし、薬効成分が配合されているので、化学的なアプローチで育毛や発毛を促すことができます。

一方で、薄毛治療薬にはデメリットもあります。その最たるものは副作用のリスクです。例えば薄毛治療薬に用いられることが多い「プロペシア」「ザガーロ」「ミノキシジル」には育毛発毛へのうれしい効果も期待できますが、同時に副作用が起こる可能性も0ではありません。体の大事な機能に支障をきたすかもしれないというリスクもあるので、薄毛治療薬には医師や薬剤師による処方が不可欠となります。

薄毛治療薬の費用相場

薄毛治療薬は種類によって料金が異なりますが、費用相場は1カ月で5,000~1万円位だと言えます。治療薬を含む薄毛治療は基本的に保険適用外となるので、費用は自己負担となり、少々値が張ることがほとんどです。ただ、後発医薬品であるジェネリックなら半分以下の値段で処方してもらえるので、興味がある方は医師に相談してみることをおすすめします。

今すぐ髪の毛を生やしたい人はAGAクリニックをチェック!(10万~300万円)】

今すぐAGA

「薄毛をどうにかしたい!」「今すぐ髪の毛を増やしたい」という方はAGAクリニックでしかるべき治療を受けることをおすすめします。ここでは育毛メソセラピーや自毛植毛について解説していきたいと思います。

育毛メソセラピーで対策するメリット・デメリット

育毛メソセラピーとは、育毛に効果的な成分を注射器や超音波、レーザーなどを用いて直接頭皮に浸透させる方法のことです。注入する成分はクリニックにより種類や含有量が異なりますが、血管拡張剤やビタミン、アミノ酸、成長因子複合体などが主流です。

育毛メソセラピーは1回で効果が実感できるというものではなく、大体1カ月に1回の治療を継続して行う必要があります。ただ、3~4回治療すると効果を実感できるという人が多いので、薄毛治療薬などに比べて治療期間が短くて済みます。また、薬剤を頭皮に直接注入するため、体への負担が少なく、副作用のリスクがないことも、育毛メソセラピーの大きなメリットとして挙げられます。

一方で、育毛メソセラピーは毛根がない部位には効果が期待できないというデメリットがあります。もともと薬剤が毛包にアプローチし、育毛や発毛を促すことを目的とした方法なので、場合によっては何度行っても効果が出ないことがあるので注意が必要です。

また、育毛メソセラピーとして注射で薬剤を注入する際、痛みを伴うことがあります。また、注射してすぐは、一時的ではありますが頭皮が赤くなったり腫れたりすることもあるようです。しかし治療に伴う肌トラブルに関してはクリニックで対応してもらえるので、あまり心配はいらないでしょう。

育毛メソセラピーの費用相場

育毛メソセラピーははっきり言って安くはありません。1回あたりの相場が2~8万円位なので、これを効果が実感できるまで続けるとなると10~50万円位の費用がかかります。

自毛植毛で対策するメリット・デメリット

自毛植毛とは、自分の髪の毛を薄毛が気になる部位に植毛するという治療方法です。ナイロンやポリエステルで作られた人工繊維を使った人工毛植毛という方法もありますが、最近は自下植毛の方が多く行われてます。

自下植毛の大きなメリットは、「仕上がりが自然であること」と「特別なメンテナンスを必要としないこと」にあると言えます。実際に植毛した部位が生着すれば、正常に髪の毛が成長していくため、全体的に自然な仕上がりになります。また、自分の毛を移植するため、人工毛と違って拒絶が起こりにくく、失敗のリスクが低いこともメリットのひとつです。最新の技術を使えば生着率も高いので、「今すぐ髪の毛を増やしたい」という方に特におすすめです。

一方で、自毛植毛は薄毛の進行を抑えるためのものではないので、植毛した部位以外の毛が抜け落ちてしまい、見た目が不自然になってしまう可能性もあります。また、移植できる範囲に限りがあるので、薄毛が広範囲にわたっている場合、すべてに対応することは難しいでしょう。ほかにもメスを使って移植部分を切除する場合、傷跡が残ってしまうかもしれないというリスクが考えられます。

自毛植毛の費用相場

自毛植毛の費用はクリニックや施術方法で大きく差があります。基本的には毛髪1本あたりの金額になるため、植毛範囲が広くなるとその分費用も高額になります。おおまかな相場は後退が進んだ生え際で50~80万円、さらに広範囲になると300万円以上かかることもあるようです。

おわりに

いかがでしたか?薄毛対策にはいろいろな方法がありますが、今回紹介したようにほぼ0円で始められるものから数百万円かかるものまで、方法によって費用にかなり大きな差があります。将来的な薄毛が気になる方も今すぐ薄毛を何とかしたいという方も、自分に合った方法での薄毛対策を心がけてみてください。