「ハゲの歴史をひも解く──ハゲペディア」第2回 ハゲと言葉


「ハゲのことなら何でも知っている」カッパー博士と、助手の優姫(ゆうひ)ちゃんが、古今東西のハゲの歴史やハゲにまつわる雑学をひも解くコーナー「ハゲペディア」

01kappa1yuuhi02

前回は「ハゲ」の歴史やハゲ人物列伝など「ハゲと偉人」がテーマだったが、今回は「ハゲと言葉」について2人に追ってもらった。

会話の中で2人とも「毛が薄い」「毛がない」人のことを、「ハゲ」とストレートに表現しているが、敬愛の念をこめて呼んでいるのでご容赦を。

では、お2人よろしく!

* * *

◆「ハゲ」とは?

02
こんにちはー! 優姫(ゆうひ)です。博士~、今回は「ハゲと言葉」というテーマですね。まず、「ハゲ」という言葉の意味自体を知りたいです。辞書に何て書いてあるか教えてください。

04kappa1
分かった。教えてあげよう。辞書によると『はげ(禿)』とは、「1:毛髪が抜け落ちた状態。2:禿頭(はげあたま)、また、その人。3:山などに樹木がないこと。禿山」ということだな。

07
なるほど! でも、私は少し違って、「1:毛髪が抜け落ちている部分。また、抜け落ちている状態。2:山などに樹木のなくなっている状態。禿山」だと思います。

05kappa1
ん? ほとんど変わらないと思うが…。ワシは岩波書店の『広辞苑』を参照したぞ。

01
もぉ~、博士ったら。「辞書」って言ったら、小学館の『大辞泉』じゃないですか。私、調べ物をする時は、いつも『大辞泉』ですもん。

02kappa1
(この気の回し方…恐るべし17歳…)
わ、ワシも普段は『大辞泉』を使ってるに決まってるだろ(汗)。買うのはいつも小学館の本だ。

09
私は博士と違って、どこの出版社さんも大好きですよ~♪ 次は「ハゲ」という言葉の語源を、博士の言葉で教えてください。

◆「ハゲ」の語源

01kappa1
「ハゲ」の語源は諸説あるが、動詞の「剥(は)ぐ」の名詞形「剥(は)げ」から来ていると言われている。江戸時代、1665年刊行の仮名草子『浮世物語』には、「さのみにはげをしかり給ふな はげをしからぬ本歌の侍るぞかし」という記述もあるんだぞ。

04
「剥(は)ぐ」から来てるんですね。じゃあ今も「ハゲ」じゃなく、「ハグ」だったら良かったのに。だって、「カッパー博士って、すごいハゲだよね」より、「カッパー博士って、すごいハグだよね」の方が何かカワイイですもん。

06kappa1
外国人は挨拶で「ハグ」をするしな。というか、ワシをハゲてる前提で話すのはやめてくれ! 前回も言ったが、ワシのはハゲではなく、お・さ・ら。そんなことを言ってると、ハグしちゃうぞ♪

11
さて、「剥げる」という言葉は、今でも「ペンキが剥げる」って言いますね。「ペンキの剥げが目立つ」とか。

03kappa1
(華麗にスルーされた…)
「剥げる」には「物の表面にあった物が、取れて離れる」という意味もあるからな。この「剥げ」に、同義の「禿」という漢字が当てられて、現在、使われているんだ。「禿」は昔、「かぶろ」「かむろ」とも読み、「おかっぱ頭」のことを指していたんだぞ。

18
「平家物語」
に出てくる京都の街にいる平氏の密偵が、おかっぱ頭で、確か「禿」(かぶろ、かむろ)と呼ばれてましたよね。私、学校で日本史を選択してるので知ってます。

08kappa1
(あれ? 前は世界史を選択してるって言ってた気が…)
そう! 「禿」は髪型の呼び名だったのだが「髪のない頭」という意味もあったので、「はげ」とも読むようになったんだ。ちなみに、「剥ぐ」というのは、「身に着けた物を脱がせる」「裸にする」という意味もあるぞ。

14
今、「脱がせる」「裸にする」って言った時に、ちょっと息が荒くなってましたよ。落ち着いて、次の話題に行きましょう。

◆「ハゲ」のことわざ

01kappa1
次は「ハゲ」のことわざについて紹介しよう。優姫くんは『頭禿げても浮気はやまぬ』という言葉は知っているか?

01
はい。「歳を取っても色気がおさまらず、浮気心はなくならない」という意味ですよね。

09kappa1
そうだ。『雀百まで踊り忘れず』と同じような意味だな。ツッコまれる前に言っておくが、ワシはハゲてないし、1000歳だが浮気心はないぞ。意外と一途だからな。

13
まぁ、浮気以前に恋人もいませんもんね…。ちなみに、ドイツでは『禿げ頭から髪の毛は抜けない』ということわざがあるそうです。

06kappa1
日本で言う『無い袖は振れぬ』と同義だな。タイでは『ハゲ頭にクシ』ということわざがあって、「価値の分からない人に、良い物を与えても無駄」という意味なんだ。

07
日本のことわざに置き換えると『ブタに真珠』ですかね。それか『猫に小判』とか…。あ!『河童に白衣』でもいいですね。

04kappa1
う~ん、どんどん優姫くんの攻めが厳しくなっていくなぁ…。まぁワシは大人だから何を言われても『へぇえ~』って感じで全く気にならないけどな。まさに『屁の河童』だ。

◆「ハゲ」関係の言葉

11
さて、博士が豪快にスベったところで、最後は「ハゲ」に関係する言葉の語源を紹介したいと思います。

01kappa1
名誉挽回、ワシの博士としての腕の見せどころだな。では「カツラ」について説明しよう。昔、カツラには花や蔓(つる)を利用したんだ。「蔓」は「つら」とも読んだ。それで「髪(か、かみ)蔓(つら)」=「カツラ」となったという説が有力なんだ。

01
そうなんですね! さすが博士! 久しぶりに「博士」っぽいです。他にも「ハゲ」に関連する言葉の語源を教えてください。

04kappa1
では次は「薄い」だ。「薄い」は「失う」という意味の「失(う)す」から来ていると言われている。髪の毛を「失う」から「薄い」。「ハゲ」を「薄毛」ともいうが、まさに言葉の通りだな。

07
おお~! さすがです。「ハゲ」が出てくることわざで『猫はハゲても猫』という言葉があるそうですが、博士の場合は『河童はハゲても河童』ですね!

08kappa1
お♪ 褒めてくれるなんて珍しいな。ありがとう! ことわざだと、『禿が三年 目につかぬ』というのもあるぞ。「好きな人は、ハゲていても三年も気付かない」ということ。『恋は盲目』ということだな。どうだ? ワシの博識ぶりに惚れ直したろ?

02
(褒めてないんだけどな…)
私は博士がハゲだって最初から気付いてますけどね。お皿だって言い張りますけど、地肌と同じ緑色のお皿なんておかしいですもん。では皆さん、今回はこの辺で。次回もお楽しみに~♪

イラスト/山本尚樹

* * *

カッパー博士プロフ
【教授:カッパー博士】
岩手県出身、岡山育ち。1000歳。ハゲのことなら何でも知る大博士(自称)。
恋愛対象は16歳から29歳。若い子が好き。


【助手:優姫(ゆうひ)】
大阪府出身。1998年生まれの17歳。関西でモデルデビューし、全国で活躍中。
恋愛対象は同じ歳から年上の男性。でも983歳上はNG。

おすすめの育毛剤

  • cu01
    研究員のコメント
    配合されている成分数は業界最大級! 血行促進が期待されるセンブリエキスやジフェンヒドラミン、コラーゲンを保護する効果が期待されるビワ葉エキスなど、数十種類の成分...

関連キーワード