「ハゲの歴史をひも解く──ハゲペディア」第1回 ハゲと偉人


皆さんは「ハゲについて説明せよ」と質問されたら、何分くらい話せるだろうか? 大抵、「髪の毛がない」「ザビエルでしょ?」くらいで終ってしまうだろう。いや、ハゲの上司に対する個人攻撃に走る人もいるかもしれない。

しかし「ハゲ」は本気で話そうとすれば、とても数分で終わるようなテーマではないのだ。政治・文化・社会などとのかかわりも大きく、歴史を動かしてきたかもしれないのだ!

このシリーズは「ハゲペディア」と題し、古今東西のハゲの歴史やハゲにまつわる雑学をひも解いていきたい。

ナビゲーターはこちらの2人だ。

優姫●

「ハゲの事なら何でも知っている」カッパー博士と、助手の優姫(ゆうひ)ちゃん。第1回は「ハゲ」の歴史やハゲ人物列伝など、「ハゲと偉人」について追ってみた。

会話の中で2人とも「毛が薄い」「毛がない」人のことを、「ハゲ」とストレートに表現しているが、敬愛の念をこめて呼んでいるのでご容赦を。

では、お2人よろしく!

* * *

◆紀元前のハゲ

02
こんにちはー! 優姫(ゆうひ)です。博士~! ハゲの偉人ってどんな人がいたんですか? パパッと教えてください♪


「パパッと」ってキミ。これだから平成生まれは…。そんな事したら、この連載がすぐに終わってしまうだろ? できるだけ遠回りしつつ、ダラダラ話さないとダメだよ。長く連載を続けないと好きな物を買えないぞ。

01
そうなんですね。じゃあ、博士。まず、質問です。ハゲの人ってどのくらい昔からいたんですか? 私、じっくり詳しく聞きたいです♪


(お金の話をした途端、切り替えが早いな…) まぁ、いい。ハゲのことなら何でも知っている、ワシが教えてあげよう。ハゲについての記述は、なんと! 紀元前1550年にさかのぼるんだ。

07
紀元前! いま2016年だから、3500年以上前かぁ。そんな前からハゲについて悩んでいる人がいたんですね。どんな内容だったんですか?


(計算はできるんだな。いろんな意味で…) そうだ。紀元前1550年のパピルス、現代でいう紙の代わりに使われていた植物だな。それに書かれた医学書に、ハゲ治療の項目があったんだ。カバやヘビやネコなどの動物の脂肪を混ぜ合わせた薬を使ったらしい。

06
ネコちゃんも!? かわいそう…。今なら絶対に反対運動が起こりそうですよね。パパがネコちゃんの脂のおかげで毛が生えたって聞いても、なんか喜べないですもん。

◆ローマ帝国のハゲ


時代を少し進めよう。『旧約聖書』に登場する紀元前9世紀のイスラエル王国の預言者で、エリシャという人物がいた。彼は子供たちに「ハゲ頭!」とからかわれて怒り、神の名において子供たちを呪ったんだ。

03
それくらい、ハゲの人にとって「ハゲ」と呼ばれるのは辛いことなんですね。私たち、さっきからずっと「ハゲ」って呼び続けてますけど、大丈夫ですか?


そのために最初、「敬愛の念をこめて『ハゲ』と呼んでいる」と注釈しただろ。大丈夫だ…たぶん…。次に行こう! キミはジュリアス・シーザーは知ってるかい?

02
もちろん! シーザーサラダ、大好きですもん。…っていうのは冗談で、紀元前100年のローマ帝国の指導者ですよね。学校で世界史を選択してるので知ってます。「カエサル」という名前でも覚えました。


実は彼もハゲだった。対立する政治家からは「ハゲの女たらし」と非難されていたんだ。悩んだシーザーは、あえて前髪を短くして揃えることで、ハゲを誤魔化したんだよ。今も「シーザーカット」という名前で残っているくらいだ。

04
知ってますよ。世界史を選択してるので。だから、偉くなって月桂冠をいつでもかぶる権利を与えられたときは、すごく喜んだんですよね。今でいえば、会社で帽子をかぶってていいのと同じですもん。


カエサルは結局、暗殺されるのだが、その際に暗殺者の1人であったブルータスの頭をつかんだら、カツラが取れたんだ。そこでカエサルは「ブルータス、お前もか!」という名言を残したわけだな。

09
読者の皆さ~ん。ハゲカッパのジョークなのでスルーしてくださいね~!

◆カツラを広めたハゲ


一気に時代を近代に進めよう。18世紀から19世紀にかけて活躍したフランスの皇帝・ナポレオンもハゲていたという説があるんだ。

07
ナポレオンっていうと、三角の帽子を被った人ですよね。毛があるイメージでした。「我が辞書に『不可能』の文字は無い」っていったくらいなのに、髪の毛を生やすのは不可能だったんですね。


多くの肖像画では帽子を被っていたり、髪の毛がフサフサになっていたりする。でも、ドラロッシュという画家が、皇帝を退位させられたナポレオンを後に描いているのだが、額がハゲていて太っているんだよ。

03
失望感でハゲてしまったのか、元からハゲだったのか、気になります。ちなみに、博士は「元からハゲ」タイプですよね?


何をいってる? ワシはハゲてない。これは「お・さ・ら」。そうそう、ナポレオンは部下が優秀だったのも皇帝になれた理由の1つなのだが、一番評価の高いルイ=ニコラ・ダヴーという人物は若ハゲだったんだぞ!

04
無理やり話を変えましたね…。欧米の昔の貴族ってカツラを被ってるイメージがありますけど、昔から被ってたのでしょうか?


それは良い質問だねぇ。(あ~、ワシの頭から話題が変わってよかった…) カツラをヨーロッパに広めたのは、17世紀のフランスのルイ13世だといわれているんだ。

02
それ、知ってるかも! 王妃が浮気したりして、ストレスで22歳でハゲちゃったんですよね? それでカツラを被り、ヨーロッパに広まったっていう。私、世界史、選択してますから。


そんなの教科書に載ってないだろ。絶対テストに出ないし! キミの学校の世界史は、どれだけ脱線してんねん!

◆戦国のハゲ

04
さて、博士が、われわれ関西人が最も嫌う“エセ関西弁”を使ったところで、最後に日本のハゲの偉人を紹介してください。そもそも、お侍さんって頭を剃ってるからハゲとか関係なさそうですけど…。


では、豊臣秀吉を紹介しよう。秀吉は一般的には信長に「サル」と呼ばれていたので有名だが、信長が秀吉の妻に宛てた手紙では、「あのハゲねずみ」と秀吉を呼んでいるんだ。その手紙は、今も残ってるというからすごいな。

05
明智光秀も信長に「きんか頭」って呼ばれたんですよね? 確か「きんか」は「金柑(きんかん)」で、要は「つるっパゲ」。信長さん、部下に「ハゲ」「ハゲ」言い過ぎですよ。そりゃあ本能寺の変、起こされますよ。


ただ諸説あるが、金柑という果物は江戸時代になってから日本に伝来したといわれているからな。「金柑頭」というのは、後の創作かもしれないぞ。

01
なるほど! そういえば、戦国時代の武将で茶人の古田織部は、出家してハゲてたんですよね。それで、大阪の陣で頭が光って敵に鉄砲で撃たれたんです。ギリギリ当たらなかったようですけど。


優姫くん、キミも随分とハゲに詳しくなったな。さすがワシの助手! 今後も一緒に、読者の皆さんにハゲの歴史や雑学を紹介していこう。ただし連載が続くよう、なるべくゆっくりな…。

◆まとめのハゲ

02
博士! 「ハゲと偉人」、とても勉強になりました。そういえば学校や史跡にある銅像って、大体ハゲてるかも。「偉人はハゲが多い」っていう可能性はありますね。


そうだな。元々ハゲるような人が偉人になるのか、偉人になる過程でプレッシャーやストレスでハゲたのかは分からないが、ハゲと偉人は密接な関係がある気がするな。

09
次回は、「M字ハゲ」と「O型ハゲ」についても詳しく知りたいです。博士は「O型ハゲ」ですよね?


もう一度いうが、ワシはハゲてないぞ! それに、どちらかというと、ワシはOじゃなく、M。ドMだな。優姫くんの冷たい発言が、ちょっと嬉しい自分がいるしな。

03
博士。そんな事を言ってると、セクハラで訴えますよ。よく見ると、上半身に白衣は着てるけど、下半身は何もはいてないし…。


某クマのキャラクターと同じなんだけどなぁ…。そんなわけで、ワシがセクハラで追放されてなかったら、また次回の「ハゲペディア」でお会いしよう!では!

イラスト/山本尚樹

* * *

カッパー博士プロフ
【教授:カッパー博士】
岩手県出身、岡山育ち。1000歳。ハゲの事なら何でも知る大博士(自称)。
海外ドラマと若い女の子が好き。好きな食べ物はキュウリより焼肉。


【助手:優姫(ゆうひ)】
大阪府出身。1998年生まれの17歳。関西でモデルデビューし、全国で活躍中。
好きな食べ物はお寿司。カッパ巻きは嫌い。

 

おすすめの育毛剤

  • cu01
    研究員のコメント
    配合されている成分数は業界最大級! 血行促進が期待されるセンブリエキスやジフェンヒドラミン、コラーゲンを保護する効果が期待されるビワ葉エキスなど、数十種類の成分...

関連キーワード