「美容師のホンネ座談会」第2回 シャンプーの基本


髪を自分でセットする時、どのような方法でスタイリングしていますか? みなさんそれぞれに、こだわりの方法があるだろう。しかし果たして、そのやり方は本当に薄毛に適しているのか…? 美容師3名に、薄毛向きスタイリング方法や、頭皮ケアの基礎である正しいシャンプーの仕方などのアドバイスを聞いた。

STYLIST 松浦雅人

matsuura「Cache cache 白金高輪店」
http://www.cache-cache.co.uk/

STYLIST 荒井佑典

arai表参道にてフリーランスのスタイリスト
https://hair222.amebaownd.com/

STYLIST 大森(仮名)

jyoushizadankaigirl美容師歴10年以上。都内のチェーン店に勤務。ショートカットが得意。

◆薄毛スタイリングにはスプレーがベスト

──スタイリング剤は何を選べばいいですか?

松浦 薄毛の人だったら、まずジェルはあり得ないですね。

荒井 ウェットになっちゃうからね。

大森 とりあえず、ウェットで根元が潰れちゃうスタイリング剤は基本なし。

松浦 ジェルもクリームもオイルもムースも選択肢にならないよね。軽い感じで、ちゃんとスタイリングできるので、スプレー系がいい。基本「ナチュラル」と言われているやつよりは「ハード」のほうがいい。

大森 ハードの5段階中「5」がマックスなら、「4」以上を選んだほうが良くないですか? 「3」でも弱いくらい。

06

──ハゲの人に合うスタイリング方法を教えてください。

松浦 まず頭皮の脂が残っていないほうがいいのでしっかりシャンプー。朝シャンをしたほうがスタイリングしやすい気がする。

大森 ドライヤーは必ず使ってほしい。根元をしっかり乾かすんです。上から同じ方向に風を当てると潰れちゃうから、いろんな方向から当てたほうがボリュームが出ます。前髪を潰さないよう、全体もふんわりするように分け目もつけず、とにかく根元をしっかり乾かしてもらいたい。男性の場合はブラシを使わなくても手ぐしで大丈夫。

松浦 自然乾燥ではなくドライヤーでしっかり乾かすことが大事だよね。薄毛タイプのM字もO型もまずそこまでは一緒かもしれない。薄毛の人はボリュームを出しすぎるっていうことはないから、多少大げさに膨らませる感じでオッケーですよ。

──薄毛で悩んでいる人へおすすめのヘアスタイルを教えてください。

松浦 M字にハゲてきていたら、前髪はあまり伸ばさないほうがいいですね。

大森 女性はボブはやめたほうが良くないですか? 段は入れずにワンレングス(全ての毛先が同じ長さ)とかのほうがいい。ロングヘアにしないほうがいいですよね。

荒井 ショートの方がカバーできる。

大森 トップが薄くなっている人はトップの髪の伸びが遅いから、サイドに絶対追いつかないじゃないですか。どうしても、自然にレイヤー(髪の長さに段差をつけるカット)が入ったような状態になっちゃう。少し時間が経つと、トップから生えてる毛だけが短くて横だけ長くなり、ワンレングスが崩れてしまうんですよ。

◆頭皮に優しいシャンプーの方法とは?

──では、正しいシャンプーの仕方を教えてください。

大森 シャンプー前にブラッシングをしたほうがいいです。あと、シャンプー前のすすぎで適当に流さないことが大事。ある程度、汚れを落とすように流します。

荒井 お湯で一回シャンプーするぐらいの気持ちでね。

大森 自分が思っている以上に、最初のすすぎはやったほうがいいですよね。自分の感覚で「よし!」って納得したところからもう2周するくらい念入りに。お湯でちゃんと洗い流せば、シャンプーの量も少なくて済むし、よく泡立つんです。

荒井 男性の場合すすぎをしっかりやっていれば、シャンプーはワンプッシュもいらなくない?

大森 いらないかも。

松浦 1回目のシャンプーで泡立たないときは、あんまり頑張りすぎず一度流したほうがいいと思う。泡立ってない状況でガシガシ洗っちゃうと、髪の毛が傷んじゃうから。泡をフワフワにして、しっかり洗ったほうがいい。

大森 頭皮の脂が多い人だと一発で泡立たなかったりしますしね。ワックスやスタイリング剤がついているときも泡立ちにくい。だから、すすぎは大事なんですよね。

──1回目で泡立たなかったら、自分の頭皮の脂の状態がわかりそうですね。

大森 頭皮を指先でこすると、ニオイでわかるかも。顔がオイリー系だと、頭皮もオイリー系なことが多いです。

荒井 頭皮は自分の肌が基準かもしれない。

大森 頭も顔も同じ皮膚だから乾燥肌だったら、頭皮も乾燥してるしね。

松浦 最近は頭皮用の化粧水も売ってるね。

大森 美容液もね。

松浦 洗顔料は顔を洗うだけなんだけど、シャンプーって頭皮も毛先も洗うことになるんだよね。シャンプーでは「しっとり系」とか「さらさら系」とか毛先に対してアプローチしている商品がある。でも、頭皮を洗いきれていないところがあるんだよね。個人的には役割をハッキリさせて、頭皮を洗うんだったら洗うことに特化したシャンプーを選んだほうがいいと思う。女性は「しっとり系」のシャンプーを選びがちだと思うけど、しっとりさせたい場合は、トリートメントをつけてケアするほうがオススメです。

大森 シャンプーは頭皮の状態に合わせたものを選んでほしいですね。乾燥している人が「さっぱり」タイプを選んじゃうと、ますます乾燥しちゃうし。逆に脂分が強い人が「しっとり」を選んでしまうと、皮脂が取れずに残留することがあるんです。薄毛の人は頭皮ケア用を選び、毛に対するアプローチがメインのシャンプーを選ばないほうがいい。毛と頭皮は別ってことですね。

松浦 うん、それは間違いないね。

荒井 どのシャンプーを選ぶかは考え方によっていろいろあると思う。アルコールが強いのはスーッとするけど、頭皮に負担がかかっちゃったりするから。

大森 爽快感があって気持ちいいけどね。

荒井 薄毛の人は、ああいうのはあまり選ばないで、美容師さんに頭皮ケア用のシャンプーを相談したほうがいいと思う。

──洗うときの力加減のポイントはありますか?

大森 指の腹で洗うのが普通に知られている方法かな?

荒井 指の腹っていうけど、正確には爪と指の間。

大森 ネイルしてたり突起物がついていたり、爪が長い人は気をつけたほうがいいかも。

松浦 自分の頭を洗ってて思うんですけどシャンプーする時間って、けっこう短い気がする。

大森 私もたぶん短い。

松浦 お客さんの頭を洗う場合はちゃんと時間をかけて、しっかり隅々まで洗うけど…。

大森 確かに、すすぎもシャンプーもその後の流しも全部、何においても丁寧ですよね。自分のことになると適当になっちゃうのかな(笑い)。

──では、洗い残しがちな場所は?

大森 顔の近くの生え際。額ですね。

松浦 あと、後頭部かな。

荒井 女の人だと、上を向いてシャンプーする人と下を向いて洗う人といると思います。上を向いて洗う人は、後ろの髪の洗い残しが起こりやすい。

◆ドライヤーは乾かしすぎないのがコツ

──ドライヤーは強と弱どっちがいいですか?

荒井・松浦 (即答で)強!

松浦 「強」とは熱じゃなくて、風の強さ。熱はある程度温かければいいと思うんですけど、熱が強くて風が弱ければ、全然意味がないから。

07

──美容室で乾かすと、髪がサラサラになるのはなぜですか?

荒井 乾かしすぎていないから。髪に水分がわずかに残る状態にしている。

大森 自分で乾かしてサラサラにならないのは、オーバードライ(髪の水分を減らしすぎることで起こるたんぱく質の変質)みたいな状態なんだと思う。

荒井 水分は飛ばしすぎるとねぇ…。

──では、乾かしすぎない方法はあるんですか?

大森 一般の方って「毛全体を乾かす」って思っている人が多いと思うんです。でも本当は根元を乾かすことが大切なんです。根元をしっかり最初に乾かしてると、毛先も自然に乾いてくるから。髪が長い人は毛先を意識して乾かす人が多い気がするけど、それでは全然ダメ。やっぱり根元を起こしてふんわりさせないと、ボリュームも出ないし毛先をスタイリングしたとしても、持ちが悪くなっちゃう。

荒井 それは大事だね。毛先に熱をあてている時間が長すぎるんだと思う。

松浦 お客さんで「右側だけが跳ねちゃう」って人がいるんですけど、そういう人は「右側を跳ねないようにカットしてください」ってオーダーすることがあるんですよ。話を聞くと、お風呂上がってからお子さんをお風呂に入れたり、食器を片付けたりしてから、寝る前にドライヤーで乾かすと。つまり頭を洗った後に何時間か放置してから乾かしてるんですね。美容院で乾かすと洗ってから5分後ぐらいで乾かすから…。濡らしてから乾かす間の時間もけっこう重要かもしれない。自然乾燥だとツヤも出ないし。

──冷風と温風の使い分けは?

松浦 僕は乾燥の最後にドライヤーで冷風を当てています。顕微鏡で見てるわけじゃないからわかりませんが、最後に冷風を当てると髪がしっかりした感じになるんですよ。締まりが出たような。あと、スタイリングするときにも冷風を当てるとカールが長持ちすると感じています。憶測なんですけど、キューティクルにもいい影響を与えているんじゃないかと。

08

──ブラシで髪をとかすときのコツってあるんでしょうか?

大森 強く引っ張らなければいいんじゃない?

荒井 無理矢理ブラッシングする人って、髪の毛が引っかかったのをブチって切りながらとかしてる。髪を痛めるだけだから、無理にとかさないほうがいい。

大森 先が尖ったブラシは頭皮にダメージ与えるからやめたほうがいいね。

荒井 コームはスタイリングするときに使うもので、ブラシは髪をとかすためのものだよね。

大森 あと、絡まったら無理せず取る。とにかく、ブラッシングの時には引っ張らないこと。

◆今回のポイント

1:薄毛のスタイリングはジェルではなくスプレーを選ぶ!

2:シャンプーの前のすすぎは長めに!

3:薄毛の女性はロングよりショートで髪に段を入れる!

4:ドライヤーでは根元を乾かしてふんわりと!

おすすめの育毛剤

  • cu01
    研究員のコメント
    配合されている成分数は業界最大級! 血行促進が期待されるセンブリエキスやジフェンヒドラミン、コラーゲンを保護する効果が期待されるビワ葉エキスなど、数十種類の成分...

関連キーワード