「ハゲの歴史をひも解く──ハゲペディア」第5回 ハゲと政治家


「ハゲのことなら何でも知っている」カッパー博士と、助手の優姫(ゆうひ)ちゃんが、古今東西のハゲの歴史やハゲにまつわる雑学をひも解くコーナー「ハゲペディア」

kappa19A (2)

前回は「前髪しかない神様」など、「ハゲと神話」がテーマだったが、今回は「ハゲと政治家」について2人に追ってもらった。

会話の中で2人とも「毛が薄い」「毛がない」人のことを、「ハゲ」とストレートに表現しているが、敬愛の念をこめて呼んでいるのでご容赦を。

では、お2人よろしく!

* * *

◆ロシア大統領に「つるフサの法則」? 


こんにちはー! 優姫(ゆうひ)です。博士~、今回は2017年、初めての『ハゲペディア』ですね。もう2月ですけど、今年もよろしくお願いします。

kappa12A (2)
年末年始、優姫くんは何をしてたのかな?
私が何回お誘いのLINEをしても既読スルーだったようだが…。


私は家族と過ごしたのとバイトだけで、どこにも出掛けませんでした。それ以外は暇でしたね。
家では、スマホで小学館のニュースサイト『NEWSポストセブン』をずっと読んでました。とってもおもしろいんですよ♪

hegepedia_03_kappa_yamamoto_naoki
(暇でもワシには返信しないのか…)
2017年も恐ろしいほどの気の配りようだな。それで、何か注目の記事はあったかな?


はい。興味深かったのが、『世界のジンクス 朴大統領外遊で事件、露の「つるフサ」法則』という記事です。
『ハゲペディア』の助手の私としては、とても気になりました。

kappa18A (2)
ほほう。2017年初回からやる気があってよろしい!
ワシも読んだが、ロシアの歴代大統領が髪の毛が「つるつる」→「フサフサ」の順番になっているという「つるフサの法則」を紹介した記事だな。


旧ソ連の初代最高指導者・レーニンさんから始まって、今もその法則は継続中だそうなんです。すごいですよね。
というわけで、今回は『ハゲと政治家』についてお届けしたいと思います!

 

◆アメリカの大統領は、ほぼ「フサフサ」

kappa19A (2)
ロシアの大統領は「つるフサ」だが、一方、アメリカ合衆国は「大統領はハゲがいない」と言われているんだ。
ちなみに、今、冬用にモコモコの白衣にしてみたんだが、どうかな? ウール100%なんだぞ。


確かに、オバマさん、ブッシュさん、クリントンさん…私の知っている大統領は皆、フサフサですね。

kappa20A (2)
(またスルーか…)
あくまで噂だが、アメリカ大統領は見た目も重要視されるため、ハゲは選ばれないらしいぞ。新大統領のトランプ氏はヅラ説もあるしな…。


歴代大統領の写真を見たところ、確かに「つるつる」はほとんど見当たらないですね。でも、38代のフォードさんは「ちょっと薄いかな」で、34代のアイゼンハワーさんは「つるつる」かなぁ。

kappa19A (2)
アイゼンハワー大統領の対立候補だったアドレー・スティーブンソンもハゲだった。
「ハゲ対ハゲ」の大統領選を制したアイゼンハワー大統領以降、ずっと「フサフサ政権」が続いてるんだな。


ただ、アメリカ大統領も最初の頃は「つるつる」の割合が多い気がします。2代と4代のアダムスさん親子、8代のビューレンさんも「つるつる」です。
初代のワシントンさんは「フサフサ」ですけど、カツラっていう噂があるみたいですし。

kappa20A (2)
ジョージ・ワシントンだけに、カツラを常時(じょうじ)、被ってたのかもしてないな。


博士、似合わないモコモコの白衣を着てると思ったら、自分のギャグで凍えないためだったんですね!

 

◆日本の総理大臣は「つる」? 「フサ」?

kappa11A (2)
さて、我が国、日本はどうだろうか?
優姫くんは日本の総理大臣は「つる」「フサ」のどっちのイメージが強いかな?


日本史が得意な私としては、「つるつる」な印象がありますね。
伊藤博文さんも、大隈重信さんも「つるつる」に近いですもんね。

hegepedia_09_kappa_yamamoto_naoki
そうだな。確かにおでこの広い総理大臣が多いかもしれないな。少なくとも剛毛な総理大臣はほとんどいなかった。
だが、それも近年、事情が変わってきたんだ。優姫くんの知ってる最近の総理大臣を想像してみてごらん。


え~と、現職の安倍晋三さん、野田佳彦さん、菅直人さん、鳩山由紀夫さん、小泉純一郎さん…
あ! 「フサフサ」ばかりですね!

hegepedia_01_kappa_yamamoto_naoki
そうなんだ。平成に入ってからは、宇野宗佑元首相から安倍首相まで16人の総理大臣がいるが、在任中に「つるつる」だったのは宮澤喜一元首相くらいしかいないんだ。 


ホントだ! 宮沢さんの次の1993年の細川内閣から、ずっと「フサフサ政権」が続いてるんですね!

kappa12A (2)
「フサフサ大国」アメリカには及ばないものの、日本もなかなかの「フサフサ国」なわけだな。

 

◆中国は「つるフサ」よりも「クログロ」が重要 


では、世界の指導者はどうなんでしょうか?
欧米は「フサフサ」なイメージがありますが…。

hegepedia_05_kappa_yamamoto_naoki
いや、イタリアは、そうでもないぞ。
39代のスパドリーニ大統領から44代のファンファーニ大統領まで、「つるつる政権」が続いたしな。意外にハゲが多い。


写真を見てみると、フランスはさらに「つるつる度」が高いですね。
前任のサルコジさんを除いて、近年はほとんど「つるつる」な感じです。

hegepedia_04_kappa_yamamoto_naoki
一方、中国の国家主席は、初代の毛沢東氏は「つるつる」だが、最近は「フサフサ」が多い。でも、中国は「つるフサ」をあまり重要視してないらしいんだ。
重要なのは「白髪じゃなく黒々した髪」ということ。その方が健康的に見えるかららしく、頻繁にカラーリングしてるそうだ。


確かに6代の胡錦濤さんも、現職の7代の習近平さんもかなり「クログロ」ですね。

kappa12A (2)
そう。「つるフサ」を気にしている他国と違い、「クログロ」を重要視する中国は、文字通り「毛色が違う」わけだな。


博士の恒例のオヤジギャグが出ましたね!
今回の「つるフサ」判断は主に写真を見て判断しました。間違いがあったらご容赦ください。
では皆さん、今回はこの辺で。次回もお楽しみに~♪

イラスト/山本尚樹

* * *

kappa19 (2)
【教授:カッパー博士】
岩手県出身、岡山育ち。1000歳。ハゲのことなら何でも知る大博士(自称)。
好きな本は川端康成の『乙女の港』。女子高生がたくさん出てくるから。

SONY DSC
【助手:優姫(ゆうひ)】
大阪府出身。1998年生まれの18歳。関西でモデルデビューし、全国で活躍中。
芥川龍之介の小説が好き。でも『河童』だけは読まない。

 

おすすめの育毛剤

  • cu01
    研究員のコメント
    配合されている成分数は業界最大級! 血行促進が期待されるセンブリエキスやジフェンヒドラミン、コラーゲンを保護する効果が期待されるビワ葉エキスなど、数十種類の成分...

関連キーワード